買い物よりも大切なこと


私はものに対する執着心が人一倍強い傾向にあって、持っているものの量が他の人より多いタイプです。

ひとり暮らしを始めてから、何人かの友人を家に招いたり、その人の家におじゃましたりしたけど、他の人よりも物をたくさんもっています。

ものの量というのは、小さい頃に家族からの、影響を受ける気がします。

家族が持っているものやもらったものはなかなか捨てることができないから、そのままになります。

新しく何かを買うときも、家族がこれくらい買っていたから、私も買ってもいいかなという気持ちになりやすいです。

私の家族は、外出するといえば、必ず買い物に出ていて、特に旅行の時は「二度と買えないから」とか「特別だから」といった理由でいろんなものを買っていました。

私もその傾向を受け継いでしまって、そういった特別な場合、お財布のひもがゆるくなる傾向があります。

例えば、ご当地ストラップのようなものです。

今になって思えば、引き出しにしまいっぱなしになり、そういった観光地で買ったものはそんなに出番がなかったように思います。

また、お土産でもらったときも、もらった人はその土地になんの思い入れもないことが多いので、本心で喜んでいる人はほとんどいないよではないでしょうか。

モノより思い出というけど、現地で思い切り楽しんでできるだけ、ものにこだわらないようにしたほうが、ずっとよいのではないでしょうか?

ものにお金をかけるよりも、経験にお金をかけたほうが、幸せになれるという研究もあります。

例えばお土産買うより、現地でやりたいことを思い切りやるためにお金を使ったり、美味しいご飯を我慢せず食べたり・・・。

どうしてもがまんできないなら、写真を撮ったり、お土産を買っても食べ物にしたりで補償してもいいかもしれません。

ですが、例えば美術館に行っても、写真に収めることに集中して、レンズを通さず直接絵を見る時間が短かった人は、美術館を出た後、なんの絵を見たのか思い出せなかったという話もあります。写真に撮ったことで、満足してしまい、自分の記憶に残らないのは、残念なことではないでしょうか?

もっと、その場でしか経験できないこと、匂いや写真に写らない光の加減や、微妙な色彩の変化を味わうことで、鮮明に記憶に残ることがあるはずです。

もっと、持っているものは少ないですが、知識や思い出が豊かな人に近づくためにもシンプルな生活を目指していきたいと思います。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


料理を時短するための3つのアイディア


食材は包丁で切らなくてもいい

例えばネギ、ほうれん草などは包丁ではなく、キッチンバサミで切ってしまいます。

プロの料理人も、家庭では使っているテクニックだそうです。

下村工業 エクセルキッチンバサミ KB-301
そうすれば、まな板を洗う必要もないし、かえってまな板にこびりついた野菜の破片やエキスがムダになりません。

まな板もキレイだとは限らないので、むしろ衛生的なのではないでしょうか?

また、ゆで卵やソーセージの専用の切る道具などは百均で売っていたりするから、そういったものを利用するととても楽です。

食材の下ごしらえは自分でやらなくてもいい

オイシックスというサービスを使えば、食材は切られた状態、洗われた状態で届きます。

また、スーパーには最近刻まれたキャベツ、スライスされたカボチャなど、色んなものが売っているので、少し高くても、自炊を続けるために活用すると便利です。
【冷凍】 業務用 洋風 野菜 ミックス 1kg ニチレイ 冷凍野菜 野菜ミックス

切ったままだと、痛みがはやく、栄養価も失われるのが早いなど気になる点は多いかもしれませんが、下ごしらえにかかる時間は毎日積み重なるとバカになりません。自炊そのものがめんどうになってしまうよりは、健康に良いのではないでしょうか?

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


何歳で実家を出るべきか?


ひとは何歳で家を出るべきでしょうか?

海辺のカフカのなかではカフカは15歳で家を出て、その年齢から早すぎても遅すぎてもダメだと言っています。

海辺のカフカを読んで、この小説を好きだなと思った人の中には、うらやましいとおもった人がいるかもしれませんが、15歳というのは、家出したくてもなかなかできない年齢だと思います。

この小説のカフカの場合、父親から「呪い」のような言葉をかけ続けられていて、その「呪い」を実現させないために、家出をします。

現実世界でも肉体的・精神的虐待をそのように受けていれば、15歳と言わず、もっと早くに家を出るべき人もいるかもしれません。

ですが、そうでない場合はどうなのでしょうか?

例えば、全寮制の高校などに入学すれば、早くて、16歳で実家を出る人もいるかもしれませんが、それでもかなり早い方だと、言われるのではないでしょうか?

一方、大学に入学するのと同時にひとり暮らしを始めるのは、そんなに珍しいことでは、なくなってきます。大体、19〜20歳くらいでしょうか。

ではいつになると遅すぎるでしょうか?

30歳くらいだと、「そろそろ家を出なくては」と自分自身でも思いはじめるかもしれません。

自分の経験になりますが、大学に入学するのと同時にひとり暮らしを始め、経済的には自立は出来ていませんでした。

ですが、それでも、ひとりになることで、精神的に孤立することが、影響を及ぼしました。

ひとりになることのメリットは、すべて自分でやらなくてはいけないという意識に変わることだと感じました。

協力しあった方が、はかどることもあるけれど、「解決するかどうかは、結局はすべて自分次第だ。」という感覚を一度ひとり暮らしのときに得たのは、今も生かされているようにおもいます。

たとえ、ひとり暮らしで経済的に親から自立できていなくても、その後誰かと暮らすことになるにせよ、とにかく人生の十代、二十代で一旦ひとりになることは、得るものが大きいとおもいます。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


ルームシェアを成功させるコツ


私は以前にルームシェアをしていたことがあります。

とはいえ、1人としかルームシェアというものをしたことがないので、コツを語るほどの経験はないかもしれません。
でも、すごく私の中ではよい思い出になっているので、少し書き留めておきたいなと思います。

まず、私は片付けが苦手です。最近はものを捨てまくったので、片付けなくてもそこそこの部屋になったけど、当時は本当にとっちらかってました…。なので、汚い部屋をある程度許容してくれる人じゃなきゃ生活を共にはできないなと思います。汚い部屋、をその人その人の弱い所に当てはめて、一番ダメな所を受け入れてくれる人としかルームシェアはしたらダメだと思います。
次に、ルームシェアをする際にどちらかもしくは誰かが部屋の主な管理者として、その他の人はある意味居候のような立場の方がよいとおもいます。最悪、居候的な立場の人間が出て行っても、生活が成り立つような程度の負担でなければ、万が一突然出て行った時に、残された人の生活を圧迫することになります。都内よりも郊外でたまたまスペースが空いていた、という場合が一番よいとおもいます。
次に、よく家事の分担をしているルームシェアをみますが、大勢ならまだしも少人数で枠組みに当てはめようとすると、損得で物事を考えるようになり、「これをやったから、代わりにこれやっといて」のような、ロジックになり、ケンカの火種になるような気がします。(人によるかも)
私の場合、風邪で寝込んだ時に、買い物と料理を作ってもらった時、本当にありがたかったです。その1回分の家事は、他にどんなことを代わりにやっても返せないなと思うし、これから先、相手が困っていた時は、かたちはどんなものに成るにせよ、助けに行きたいと思っています。そういう柔軟で自由な生活の方がよっぽどいいと思います。

そんなことより、普段はプライベートな時間を大事にしているけど、お互い悩んだ時、嬉しいことがあってどうしても報告したい時に、お酒を一緒に飲む。そういうことに時間を使えた私たちのルームシェアは大成功だったんじゃないかと思っています。
寮生活も経験したことがありますが、ルームシェアはそれとはまた違った経験になりました。学生時代にこういったことをやるのも、たとえ失敗しても、短期間でもいい経験に成るんじゃないかとおもいます。


 

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


ワセリンを使った手作りコスメの作り方


 

薬局ですすめられた白色ワセリンを試したところ、安価な割に、顔や手などいろんなところに使えるし、それほどべたべたしなくてよかったので愛用しています。

ワセリンは赤ちゃんに使ってもいいくらい体に優しい。

このワセリンをほかのものと混ぜて、電子レンジでチンするとコスメを手作りできると聞き、挑戦してみました。

 

まずそろえるべきは、白色ワセリンやヴァセリンです。

ヴァセリン安く手に入りますが、少し純度が落ちて、ほのかに香りがあり、少し固いテクスチャーです。

白色ワセリンは純度が高く、比較的柔らかいです。においはほとんどありません。

あとはコスメを入れる容器と電子レンジでチンできる容器。

下の容器は、百均で販売している本体が電子レンジOKのものでチンした後、そのまま保管用の容器としても使用できてとても便利。

ここにワセリンをバターナイフなどで少しとりわけ、ココナッツオイルを足して、レンジでチンすると右の大きめの水色の容器のように溶けて混ざり合って、高保湿クリームが出来上がります。熱いうちにつまようじなどで混ぜると均等になります。

 

IMG_0935

 

ココナッツオイル + ワセリン = 高保湿クリーム

のほかにも、

割れたチーク + ワセリン = クリームチーク (ワセリン少なめにしないと色づきが薄くなります)

 

残り少なくなって使いにくくなった口紅 + パール系アイシャドウ + ワセリン = グロス

エッセンシャルオイル(精油:肌につけてもよいもの) + ワセリン = ハンドクリーム or ボディクリーム

などなど。思ったよりも使い勝手がよさそうだし、組み合わせ次第で自分好みのコスメが作れるので、古くなったコスメは捨てなければよかったなあ・・・とちょっと後悔しています。

古いコスメは雑菌の温床になりがちと聞いたことがあるのですが、電子レンジでチンすれば殺菌効果もありそうだなあと。定期的にチンすると体によさそうです。

お試しあれ!

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly