ダイソンセラミックファンヒーターの使い心地


ダイソンセラミックファンヒーターAM05(DYSON のhot +cool AM05)を

購入しました。

 

 

オススメできるポイントを3つまとめてみました。

①ホコリを気にせずにすむ

ダイソンのセラミックファンヒーターならば、ホコリを気にするストレスから解放され、お掃除にかける時間が大幅に短縮されます。

今までの扇風機だと、羽や周りの網にホコリがついてしまい、なかなかとれないのが気になっていました。さらにそのホコリだらけの扇風機をそのまま使い続けることによって部屋中にホコリが撒き散らされているのではないかなという心配をしていました。

ですが、扇風機の網を取り外して、羽を1枚1枚拭くのはそれはそれで面倒だから、忙しいとめったにやらないし、やっても時間がかかります。

なので、小さいお子さんがいて、毎日忙しくてホコリが気になるけど掃除できない人や、ハウスダストに対するアレルギーを持っている人で、人一倍ホコリを気にしていて、毎日ストレスを感じている人にはオススメできます。

羽がないこの扇風機だと、以前の扇風機のように分解する必要もないし、拭くだけなので、何かのついでに、ささっと掃除することができます。

ダイソンの扇風機は他の扇風機に比べると値段が高いですが、買った後のメンテナンスにかけなくてはならない時間を考えると、大事に長く使うことができれば、いい買い物だったかと思います。

②冬も使えて、10段階で風量を調整できる

値段が高いので、購入前には機能が充分かどうかが気になるかと思います。

まず、名前に「hot +cool」とあるように、冬も使うことができます。

まだ、真冬に使っていないので、充分かどうかはなんとも言えませんが、お風呂場程度の広さならば使えるのではないかなと思っています。

また、こちらの扇風機はリモコンでも、本体についているボタンでも、10段階で風の強さを変えることができます。気になる音は1番小さなレベルにすると、寝入りばなでもまったく気にならないレベルでした。

夜寝ている時などにふと寒いなと思った時など、リモコンがあると簡単に風量を調整できて、またすぐに眠ることができるので、とても便利です。

羽がないという変わった、見慣れない形をしているので最大風力が足りるのか心配していましたが、充分涼しかったです。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


一風変わった京都のお土産 能面をかたどった干菓子


 

京都の長久堂の「花面(はなおもて)」という、和三盆を使った干菓子。

このお菓子は、能面と、福の神、嘯吹などの狂言面の幽玄の美を再現するため、能面師の手による木型を用いてつくられているそうです。

 

 

翁  大豆 ベージュ
乙羽御前   空豆 ピンク
小面   和三盆 白
福の神   抹茶 みどり
嘯吹(うそふき)   玄米 茶色

img_1816

 

img_1824

 

 

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


¥1000~¥3000のカナル型イヤホンの音質レビュー


カナル型イヤホンの良いところは、周りがうるさくとも耳栓ぽい効果があるので小さな音量でも、十分楽しめるので、かえって耳に優しいというところだと思います。

今回は、ちょうど使っていたイヤホンが壊れたので、以前使っていたのと、今回買ったイヤホンの音質を比較してみました。

【1】audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ブラック ATH-CKR3 BK

audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ブラック ATH-CKR3 BK

 

アマゾンのレビューは賛否両論のようですが、低音域がきれいです。
あとは音に張りがあります。
ただし、レビューにもあるように、コードがどこかに引っかかった時のノイズが多いため、デスクで作業中に聞くためには特に問題ないですが、歩いているときなどはノイズがかなり気になります。
冬は特にマフラーなどに引っかかるとちょっとうるさいかなという印象です。
かなりヘビーユーズしていたら1年半くらいで片方から音が聞こえなくなったので、交換しました。私はかなり扱いが荒いほうだと思いますので、耐久性は十分だと思います。イヤホンはたいてい一年未満で壊します。

 

【2】Creativeインナーイヤー型イヤホン EP-630 ブラックモデル EP-630-BK

Creative インナーイヤー型イヤホン EP-630 ブラックモデル EP-630-BK

高音域が若干カサカサしたり、揺らいでいるような・・・?あとは裏声、ドラムの音などで、時たま耳障りの悪さがほかのイヤホンに比べて強調されるかなという印象があります。
ただ、低音域や中音域もバランスよく聞こえるので、値段の割によい買い物だったなという印象です。あとは音に広がりを感じているというか、カナル型イヤホンなのに広い場所で聞いているような(いい意味で)不思議な錯覚があります。
ただし、コードの質感が非常に柔らかい(1と比較しても)ので、耐久性が心配です(耐久性については壊れたらレビューします)。
こちらはコードが引っ掛かった際のノイズは全くありませんでした。

今回の二つは値段と性能を考慮すると、どちらも同じくらい買いかな思いました。気分や状況に応じて使い分けたい感じです。

よいイヤホンを買ってもついどの型番だったか忘れてしまうので、今後も更新していきたいと思います・・・。
今回も壊れたのがどの型番だったか探すのに苦労しました・・・。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly