(English) Why is Philippine language study abroad cheap?


I have been studying language in the Philippines.

It was a very good experience, I think I want to go on a long term next time.

But in the Philippines security is bad. Traffic rules are not as neat as in Japan, and the exhaust gas of the air is also terrible, so I think that you can enjoy more by properly dealing with it.

Cebu is better off than Manila and is said to be beautiful. But there were still a few things I thought it was dangerous.

First there is a street children beside the road. It seems that it seems that it is better not to engage in direct contact as much as possible.

So, it is said that women are dangerous especially night.

I might think that I only go to language school from morning till night, but when I take classes till evening, I feel like going to shopping last night, so I should have been careful.

There is almost no signal and the car does not stop so easily, so I had a hard time crossing the road. There are lots of things like two-seater bikes and small buses called trolleys.

A taxi runs a lot, but a taxi driver will occasionally try to pay more fee than it actually is. By the way, there seems to be a trouble with a yellow taxi rather than a white taxi.

People in the Philippines got married in their teens and have some 7-8 children, so that is why some people are having no money.

It seems that the birthrate is very high, especially because the church did not allow contraception. It seems like it is true that there are a certain number of people who can not afford to crime because of poverty.

Perhaps there is such a thing, people may be overflowing, work is insufficient, labor costs are cheap, so it may be that the cost of studying abroad is cheap.

I also decided to study abroad in the Philippines, because it is inexpensive so I feel so complicated, but I think that there are many people in the world who are not good at English, taught Filipino teachers properly I think that it would be better to improve the lives of those working as teachers in the Philippines by paying the money we received.

There are plenty of businesses to study English with Skype in the Philippines and Japan, but if you can build a network in which direct money exchange will be born in a more fair relationship without taking the mediation fee, it may improve. I think that it would be better to improve the lives of those working as teachers in the Philippines by paying the money we received.

There are plenty of businesses to study English with Skype in the Philippines and Japan, but if you can build a network in which direct money exchange will be born in a more fair relationship without taking the mediation fee, it may improve a bit I do not think so.

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


DIC川村記念美術館に行ってきた


東京から、一時間、総武快速線で佐倉駅で下りる。
南口のDIC川村記念美術館バス停より無料送迎バスが出ているので、それにのって時間をかけなければたどり着かない美術館。

DIC記念川村美術館

千葉県佐倉市坂戸631番地

館内に入る前にまずその美術館の周りの庭園の豪華さに驚かされた。

広い池に、よく手入れされた芝生。
白鳥やガチョウが優雅に散歩していた。

 

 

桜の花が咲いている。

s_IMG_0653

イングリッシュガーデンもあり、レンガ造りの花壇とバラが美しかった。
いまにも影からピーターラビットが出てきそうな雰囲気。

s_IMG_0647

モネのスイレンを思わせるような池もあった。

s_IMG_0648

モネ・「睡蓮、水の風景」 プリキャンバス複製画・ 【ポスター仕上げ】(6号相当サイズ)

庭もきちんと回ると30分はかかる。
スニーカーで行ったほうがいいと思う。
小道に入ったりすると結構、舗装されていないところがある。

残念ながら、館内はもちろん撮影禁止だった。

ロスコの絵のために一部屋まるまる使っている、通称ロスコルームでは証明もロスコの絵に合わせて、抑え気味に調整されており、世界に浸ることができた。

MARK ROTHKO

都内の展覧会では絵の展示はよく見るが、マックス・エルンストのオブジェをじっくり見ることはなかなかできないことなので貴重な体験になった。

マックス・エルンスト 〔骰子の7の目 シュルレアリスムと画家叢書〕 (シュルレアリスムと画家叢書 骰子の7の目)
尾形光琳、長澤蘆雪、長谷川等伯、横山大観の絵を楽しんだ後は、展示室の奥にあるお茶室で、庭を見ながらお茶とお茶菓子を楽しむことができる。
座席はすべて窓に面しており、人と人が向き合わない構図になっている。
みんな思い思いにふけっていた。
s_IMG_0645

 

上の和菓子は、美術館の天井の装飾をモチーフにしているそう。
建物も非常に美しい、古風な建物だった。

s_IMG_0646

 

もっと知りたい尾形光琳―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい長沢蘆雪 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい長谷川等伯―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

 

 

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


申年なので”猿の神社”日枝神社にまいってきた


赤坂駅徒歩3分、溜池山王駅徒歩3分という都会のど真ん中にある日枝神社が今年の干支であるサルを祭っている。

面白いのは狛犬の代わりにサルが鎮座していて、しかもそのおさるさんは夫婦だそう。ほかにもお守りとか絵馬も猿が描かれている。特にまさる守りっていう、猿の顔が書いてあるお守りがかわいかった。

日枝神社にいるおさるさんたちは神様の使いとして、神猿(まさる)とよばれ、魔が去る、勝る、優るなどと縁起の良い言葉にかかっているため、ご利益があるそう。

そういったすぐれている、勝つというご利益を知ってか知らずか、立地的な問題なのか、政財界の崇敬者も多いし、オフィス街のサラリーマンが普段はよく訪れて仕事運・出世運アップのため祈願しているらしい。

ただ、アクセスしやすいほうの門は裏門らしく、運気アップのためにはちょっと遠回りしても表門から行ったほうがいいとの情報も・・・

表門は山王男坂というらしい。

ほかにも猿という感じが『えん』とも読めることから、縁とかけて、恋愛・縁結び祈願に女性の参拝者も多いそう。

今年は申年でもあるし、すでにめちゃくちゃ混んでるらしいけど、桜も咲いているらしいし、お散歩がてら参りたい。

たくさんの人が訪れる2016年最高のパワースポットになりそう。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


はじめまして


読書日記も最近始めたのですが、こちらのほうがいろいろいじれて面白そうなので、始めてみました。

 

はてなブログでは書評をまとめたり、短い日記をのせようと思っていたので、こちらはそれ以外の話題やもっと突っ込んだ長い文章を書いていけたらいいなと思っています。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly