買い物よりも大切なこと


私はものに対する執着心が人一倍強い傾向にあって、持っているものの量が他の人より多いタイプです。

ひとり暮らしを始めてから、何人かの友人を家に招いたり、その人の家におじゃましたりしたけど、他の人よりも物をたくさんもっています。

ものの量というのは、小さい頃に家族からの、影響を受ける気がします。

家族が持っているものやもらったものはなかなか捨てることができないから、そのままになります。

新しく何かを買うときも、家族がこれくらい買っていたから、私も買ってもいいかなという気持ちになりやすいです。

私の家族は、外出するといえば、必ず買い物に出ていて、特に旅行の時は「二度と買えないから」とか「特別だから」といった理由でいろんなものを買っていました。

私もその傾向を受け継いでしまって、そういった特別な場合、お財布のひもがゆるくなる傾向があります。

例えば、ご当地ストラップのようなものです。

今になって思えば、引き出しにしまいっぱなしになり、そういった観光地で買ったものはそんなに出番がなかったように思います。

また、お土産でもらったときも、もらった人はその土地になんの思い入れもないことが多いので、本心で喜んでいる人はほとんどいないよではないでしょうか。

モノより思い出というけど、現地で思い切り楽しんでできるだけ、ものにこだわらないようにしたほうが、ずっとよいのではないでしょうか?

ものにお金をかけるよりも、経験にお金をかけたほうが、幸せになれるという研究もあります。

例えばお土産買うより、現地でやりたいことを思い切りやるためにお金を使ったり、美味しいご飯を我慢せず食べたり・・・。

どうしてもがまんできないなら、写真を撮ったり、お土産を買っても食べ物にしたりで補償してもいいかもしれません。

ですが、例えば美術館に行っても、写真に収めることに集中して、レンズを通さず直接絵を見る時間が短かった人は、美術館を出た後、なんの絵を見たのか思い出せなかったという話もあります。写真に撮ったことで、満足してしまい、自分の記憶に残らないのは、残念なことではないでしょうか?

もっと、その場でしか経験できないこと、匂いや写真に写らない光の加減や、微妙な色彩の変化を味わうことで、鮮明に記憶に残ることがあるはずです。

もっと、持っているものは少ないですが、知識や思い出が豊かな人に近づくためにもシンプルな生活を目指していきたいと思います。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


DIC川村記念美術館に行ってきた


東京から、一時間、総武快速線で佐倉駅で下りる。
南口のDIC川村記念美術館バス停より無料送迎バスが出ているので、それにのって時間をかけなければたどり着かない美術館。

DIC記念川村美術館

千葉県佐倉市坂戸631番地

館内に入る前にまずその美術館の周りの庭園の豪華さに驚かされた。

広い池に、よく手入れされた芝生。
白鳥やガチョウが優雅に散歩していた。

 

 

桜の花が咲いている。

s_IMG_0653

イングリッシュガーデンもあり、レンガ造りの花壇とバラが美しかった。
いまにも影からピーターラビットが出てきそうな雰囲気。

s_IMG_0647

モネのスイレンを思わせるような池もあった。

s_IMG_0648

モネ・「睡蓮、水の風景」 プリキャンバス複製画・ 【ポスター仕上げ】(6号相当サイズ)

庭もきちんと回ると30分はかかる。
スニーカーで行ったほうがいいと思う。
小道に入ったりすると結構、舗装されていないところがある。

残念ながら、館内はもちろん撮影禁止だった。

ロスコの絵のために一部屋まるまる使っている、通称ロスコルームでは証明もロスコの絵に合わせて、抑え気味に調整されており、世界に浸ることができた。

MARK ROTHKO

都内の展覧会では絵の展示はよく見るが、マックス・エルンストのオブジェをじっくり見ることはなかなかできないことなので貴重な体験になった。

マックス・エルンスト 〔骰子の7の目 シュルレアリスムと画家叢書〕 (シュルレアリスムと画家叢書 骰子の7の目)
尾形光琳、長澤蘆雪、長谷川等伯、横山大観の絵を楽しんだ後は、展示室の奥にあるお茶室で、庭を見ながらお茶とお茶菓子を楽しむことができる。
座席はすべて窓に面しており、人と人が向き合わない構図になっている。
みんな思い思いにふけっていた。
s_IMG_0645

 

上の和菓子は、美術館の天井の装飾をモチーフにしているそう。
建物も非常に美しい、古風な建物だった。

s_IMG_0646

 

もっと知りたい尾形光琳―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい長沢蘆雪 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい長谷川等伯―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

 

 

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


申年なので”猿の神社”日枝神社にまいってきた


赤坂駅徒歩3分、溜池山王駅徒歩3分という都会のど真ん中にある日枝神社が今年の干支であるサルを祭っている。

面白いのは狛犬の代わりにサルが鎮座していて、しかもそのおさるさんは夫婦だそう。ほかにもお守りとか絵馬も猿が描かれている。特にまさる守りっていう、猿の顔が書いてあるお守りがかわいかった。

日枝神社にいるおさるさんたちは神様の使いとして、神猿(まさる)とよばれ、魔が去る、勝る、優るなどと縁起の良い言葉にかかっているため、ご利益があるそう。

そういったすぐれている、勝つというご利益を知ってか知らずか、立地的な問題なのか、政財界の崇敬者も多いし、オフィス街のサラリーマンが普段はよく訪れて仕事運・出世運アップのため祈願しているらしい。

ただ、アクセスしやすいほうの門は裏門らしく、運気アップのためにはちょっと遠回りしても表門から行ったほうがいいとの情報も・・・

表門は山王男坂というらしい。

ほかにも猿という感じが『えん』とも読めることから、縁とかけて、恋愛・縁結び祈願に女性の参拝者も多いそう。

今年は申年でもあるし、すでにめちゃくちゃ混んでるらしいけど、桜も咲いているらしいし、お散歩がてら参りたい。

たくさんの人が訪れる2016年最高のパワースポットになりそう。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


はじめまして


読書日記も最近始めたのですが、こちらのほうがいろいろいじれて面白そうなので、始めてみました。

 

はてなブログでは書評をまとめたり、短い日記をのせようと思っていたので、こちらはそれ以外の話題やもっと突っ込んだ長い文章を書いていけたらいいなと思っています。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly