このブログをGoogle AdSence の審査に通すためにやったこと


このブログは一応Google AdSenseに審査が通っています。

ネットの情報を参考にしたのですが、もう少し楽に通ったので、書いておこうかなと思います。

基本500文字の記事を書くように心がけました。(以前に別のブログで500文字以下で放置していたら、10記事以上あったのに全然審査通りませんでした・・・)

その時はすべてのアフィリエイト、画像を載せることはしませんでした。

これは皆さんが言っていることとほとんど一緒です。

少し違ったのは、記事を1日一個ずつ、10記事以上投稿してから申し込まなくてはなくてはならないというところでした。

私は1、2個しか記事がない時点で申し込んでしまい、そのあと1日3個くらい記事を投稿し、全部で7個くらい記事がたまった時、審査に通りました。

なのでそんなに神経質にならなくても審査には通るんじゃないかなって思います。

ただ、もちろん文章はオリジナルにしました。

今後も自分の言葉で、日々気づいたこと、面白いことを書きためていきたいと思います。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


wordpressサイトを簡単に多言語化・SNSシェア・見出しなどを簡単に導入できるプラグイン


  • WP Social Bookmarking Light:ソーシャルメディアボタンを一括で導入できるプラグイン
  • Shortcodes Ultimate:見出しなどを簡単に入れるプラグイン
  • qTranslate X:言語切り替えボタンを設置できるプラグイン

 

WP Social Bookmarking Light 
ソーシャルメディアボタンを一つ一つ登録するのは大変だなと思っていた時に見つけたプラグイン。
Twitter, facebook, はてなブログ、Lineなどなど。いろんなソーシャルメディア共有ボタンを簡単に設置できる。
記事の先頭か最後も選べるし、両方に設置することもできる。
自分の記事の投稿をSNSでお知らせするときにも便利です。

WP Social Bookmarking Light – ソーシャルメディア共有ボタンを追加できるWordPressプラグイン

Shortcodes Ultimate

デフォルトのワードプレスにはほかの無料ブログのように見出しを簡単に入れられるエディタがついていません。そのようなエディタ機能を追加するときによく使われているのが以下のプラグインだそうです。

Shortcodes Ultimate – ショートコードで記事を装飾できるWordPressプラグイン

qTranslate X

Google Adsenseをやっていると、海外からの流入が少なからずあります。
当たり前のことですが、英語でブログを書けば、日本語圏以外の訪問者にも読んでもらえるし、コンテンツも実質2倍になると思い、ブログを多言語化することにしました。
(ただし、サーバーやドメインが日本でとったものなので、厳密には海外からの流入を確実に顧客にするためにはサーバーを取得するところからやらなくてはならないと思います。)
qTranslate Xというプラグインを使えば、タグも記事もそれぞれの言語で入力することができます。この言語切り替えボタンはダッシュボード→設定→言語から設定しないと表示されないので以下のURLを参考にして設定しました。

プラグインを使ってWordPressサイトを超簡単に多言語化する

英語と日本語切替も可!ブログを多言語化できるWPプラグイン

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


アメブロからはてなブログに移転するために必要なこと


アメブロからはてなブログへ移行する友人の手伝いをしたのでメモ。

ほかのブログからはてなブログに移行するためには過去記事を

Movable Type(MT)形式

というものでエクスポートする必要があります。

だけど、アメブロはデータをエクスポートする機能がないらしい。

今までに作られたフリーツールがいくつかあるらしく、

いくつかのサイトで紹介されていたのは、

アメブロリッパー

tool_bou (blog tool)
というもの。

けれど、これはうまく機能せず。

アメブロリッパーではブログのデザイン(アメブロだとスキン?というらしい)を『グリーン』『記事左』にしてほしいという指示があるのだが、現在はこの設定は存在しないことが原因かもしれない。

ブログツールがうまくいかない理由は不明。

最後に試したのはアメブロ→FC2→はてなブログに移転させるという手法。

これがうまくいきました!

FC2にはほかブログからの引っ越し機能がある。
ブログお引越しツール

これでアメブロをFC2に引っ越しさせます。画像もきっちりコピーできます。

さらにブログの

『管理画面』ー『ツール』ー『データバックアップ』

でMT形式で記事をエクスポートします。
この手段(FC2ブログへの引っ越し)の良くないところとしては

・時間がかかる(数時間~1週間)

・エラーが起こりやすい

というように書いてありましたが、

約1時間半で1500記事(画像入り)の引っ越しがうまくいきました。

(タイミングにもよると思いますが・・・)

そこからさらに、

はてなブログの管理画面の「インポート」ページで「Movable Type形式」タブを開きます。

「ファイルを選択」ボタンを押し、MT形式のブログデータファイルを選択して、「文字コード選択へ進む」をクリックします
ブログデータがアップロードされ、ファイルの一部がプレビューされます。正しく表示されている文字コードを選択してください

という手順を踏んで、先ほどエクスポートしたMT形式の記事をインポートして完成!
▼参考記事
MT形式のブログインポートに対応! はてな外のサービスから移行しやすくなりました
ちなみに、2013年以前は、はてなダイアリーしかデータのインポート機能しかありませんでした。

そのため、いくつかの古い記事にはまずはてなダイアリーにMT形式を読み込み、はてなブログに変換という記述をよく見ましたが、現在でははてなブログに直接読み込む機能があるので不要な手順!

さらにインポートに失敗してしまっても、インポートを取り消す機能というものがはてなブログにはあるので、大丈夫でした。

(はてなダイアリーにはインポートを途中で取り消す機能がないらしい?記事の全削除しかできない様子)

なにか新しい情報があればコメントよろしくお願いします。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


Word Pressとロリポップサーバーでブログを作った時にちょっと大変だったからメモ


Word Pressでブログを書きたいなって思って、有名なとこでは、ロリッポップサーバーが一番安そうだったので、契約してみました。

なんですが、いくつか躓いたところがあったので、それについてまとめました。

 

まず、自分の取得したドメインに /wp を追加しないとアクセスできないという問題が発生しました。さらに取得したドメインをそのまま入力すると”403エラー”というものが発生しました。

これについてはいろいろ試行錯誤したけど全然うまくいかず、しばらく時間たつと自然と /wpがついていないアドレスでアクセスできるようになりました。

いろいろ調べたところ、

ワードプレスでURLをルートディレクトリに移動、「/wp」を消す方法

に詳細な情報が載っていました。

ただ私の場合、これには当てはまらず、これの通りにやったら、WordPressにログインすらできなくなったので、もう一度ロリッポップから簡単インストールしなおしました・・・。

サイトアドレス(URL)から「/wp」を消します。

そもそもこの部分ですでに/wpがなかったし、WordPressアドレスにも/wpはついてなかった。

ロリポップでWAFを使用していると、更新時に403(Forbidden)のエラーが出る

なのでこっちかなと思って、WAFを使わないという設定に変えました。

設定が反映されるまで15分かかるとのことでこちらの対応が時間差で効いたせいかもしれません。今はまたWAFを使う設定に直しているので、様子を見ようと思います。

あとはアフィリエイトをやりたいなって思ったので、そのために最初に導入したプラグインをメモ。

もともとはてなブログに使っていたGoogle Adsenseとアマゾン・楽天アフィリエイトをこちらのブログでも使いたいなと思ったので、

Amazon JSとGoogle AdSenseとWP-Rakuten-Linkを導入しました。

Google AdSenseは、グーグル・アドセンス公式のプラグインです。AdSense広告の掲載位置をHTML編集なしで設定できます。プラグインのページから設定を選ぶと、勝手にサイトを分析して、ポチポチするだけで、自分のアドセンスを常に表示してくれるように設定してくれます。もちろん自分のアドセンスアカウントと連携させる必要はあります。

あと、どうもWAFが有効になっていると、アドセンスの表示する場所を変更できない気がします。

ちょっと大変だったのはAmazon JSです。

WordPressでアマゾン・アソシエイトを簡単設定!Amazon JSプラグイン

がわかりやすかったです。設定した後でエラーが出て、/wp-content/cache/amazonjs というキャッシュディレクトリを作成しておく必要があるのですが、それにはFTPソフトを使う必要があります。その使い方については、以下のリンクがわかりやすかったです。

FTPソフト(ファイルジラ(FileZilla))の使い方と設定方法: 『WordPress ことはじめ』

最後にWP-Rakuten-Linkですが、こちらはプラグインメニューから導入することができなかったので、Zipファイルから導入する必要がありました。

参考にしたのは以下のリンクです。

犬小屋にて

WordPress+楽天アフィリエイトなら知らないと損するプラグイン

これでやっと基本的なことはできるようになったかなって思います。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly