買い物よりも大切なこと


私はものに対する執着心が人一倍強い傾向にあって、持っているものの量が他の人より多いタイプです。

ひとり暮らしを始めてから、何人かの友人を家に招いたり、その人の家におじゃましたりしたけど、他の人よりも物をたくさんもっています。

ものの量というのは、小さい頃に家族からの、影響を受ける気がします。

家族が持っているものやもらったものはなかなか捨てることができないから、そのままになります。

新しく何かを買うときも、家族がこれくらい買っていたから、私も買ってもいいかなという気持ちになりやすいです。

私の家族は、外出するといえば、必ず買い物に出ていて、特に旅行の時は「二度と買えないから」とか「特別だから」といった理由でいろんなものを買っていました。

私もその傾向を受け継いでしまって、そういった特別な場合、お財布のひもがゆるくなる傾向があります。

例えば、ご当地ストラップのようなものです。

今になって思えば、引き出しにしまいっぱなしになり、そういった観光地で買ったものはそんなに出番がなかったように思います。

また、お土産でもらったときも、もらった人はその土地になんの思い入れもないことが多いので、本心で喜んでいる人はほとんどいないよではないでしょうか。

モノより思い出というけど、現地で思い切り楽しんでできるだけ、ものにこだわらないようにしたほうが、ずっとよいのではないでしょうか?

ものにお金をかけるよりも、経験にお金をかけたほうが、幸せになれるという研究もあります。

例えばお土産買うより、現地でやりたいことを思い切りやるためにお金を使ったり、美味しいご飯を我慢せず食べたり・・・。

どうしてもがまんできないなら、写真を撮ったり、お土産を買っても食べ物にしたりで補償してもいいかもしれません。

ですが、例えば美術館に行っても、写真に収めることに集中して、レンズを通さず直接絵を見る時間が短かった人は、美術館を出た後、なんの絵を見たのか思い出せなかったという話もあります。写真に撮ったことで、満足してしまい、自分の記憶に残らないのは、残念なことではないでしょうか?

もっと、その場でしか経験できないこと、匂いや写真に写らない光の加減や、微妙な色彩の変化を味わうことで、鮮明に記憶に残ることがあるはずです。

もっと、持っているものは少ないですが、知識や思い出が豊かな人に近づくためにもシンプルな生活を目指していきたいと思います。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


凪のお暇


最近はまっているマンガを紹介したいと思います。

凪のお暇というマンガで、現在2巻まででています。

凪のお暇 1 (A.L.C. DX)

空気を読みすぎて、本心を言えずにガマンを重ね続けていた主人公が、あることをきっかけに過呼吸になってしまい、OLをやめて、貯金200万円で郊外のアパートに何も持たず、引っ越してリスタートをはかるというストーリーです。

主人公は、とても器用で空気を読みすぎてしまい、服装も万人ウケするものを選び、仕事もすでにいっぱいいっぱいなのに、気が弱いため、他の仕事を押し付けられてしまいます。
他にも、SNS疲れあるあるや共感できるポイントがたくさんでてきます。

ですが、何も持たずに、引っ越したアパートに住んでる人たちと交流するのですが、そこに住んでいるひとたちが、みんなお金がなくても好きなものを好きなだけ楽しんでいて、やってみたいとおもえることがたくさんでてきます。

1巻では、主人公の凪の節約料理レシピや、捨ててあった家電のリメイク。下の階に住んでいるおくさんの節約お菓子レシピや部屋の改造アイディアなど。
2巻では、エコなお掃除アイディア、100均グッズを使ったバーベキューアイディアなど。
いろんな生活の知恵がでてきます。

読んでいて楽しい気分になり、ストーリーも主人公が徐々に自分のやりたいことや本当の気持ちを取り戻していく過程を応援しながら、共感できる内容です。
ぜひ一度試しに読んでみてください。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


わたしを離さないで


ドラマ化されたイシグロ カズオの「私を離さないで」の感想とその他の代表作をまとめました。

わたしを離さないで』を最初読んだときは、前半あまりにも単調だったので、読むのやめようかとおもいました。

ですが、その世界の仕組み、主人公たちの置かれた状況がわかったとたん、前半の穏やかさが、ありがたく思う一方、恐ろしくなって、もう一度読み返さなくてという衝動に駆られました。

ですが、ドラマではネタバレが最初にあったそうで、それでは、仕組みがわかった時のアッというわせる感じが全くでないじゃないか・・・と思ったので、できればドラマやネタバレのブログはみずに、多くの人に原作を読んでほしいなあと思いました。

あの前半の退屈さ・穏やかさを乗り越えてやっとわかるこの本のすごさのようなものを味わえないのはすごくもったいない気がしました。

映画化もされていて、 パイレーツ・オブ・カリビアン、イミテーションゲームのキーラ・ナイトレイが出演しているようでした。
大きな写真、キーラ・ナイトレイ、下唇かむ。

作者のイシグロ カズオさんは日系イギリス人作家で、1989年に長編小説『日の名残り』でイギリス最高の文学賞ブッカー賞を受賞したそうです。

レクター博士(ハンニバル)を演じたアンソニー・ホプキンスで映画化されたようです。
英米でベストセラーとなったカズオ・イシグロの最新長篇『わたしを離さないで』は、発売後ただちに《タイム》誌のオールタイムベスト 100に選ばれたそうです。

ハンニバル (字幕版)

ほかにも《ニューヨーク・タイムズ》《パプリッシャーズ・ウィークリ ー》《シアトル・タイムズ》《グローブ・アンド・メール》の主要紙誌においても2005年のベストブックの一冊に選定されたとのことです。

世界でもっとも有名な日本人のひとりと聞いたことがありましたが、イギリスに住んでいた期間が圧倒的に長いようなので、日本人と言えるのか不明でした。

正直そんな有名な人が日本人の作家にいたとは全く知りませんでした。

まだ、わたしを離さないでしか読んでないので、わからないけれど、何冊か読んだら、まとめたいと思います。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


料理を時短するための3つのアイディア


食材は包丁で切らなくてもいい

例えばネギ、ほうれん草などは包丁ではなく、キッチンバサミで切ってしまいます。

プロの料理人も、家庭では使っているテクニックだそうです。

下村工業 エクセルキッチンバサミ KB-301
そうすれば、まな板を洗う必要もないし、かえってまな板にこびりついた野菜の破片やエキスがムダになりません。

まな板もキレイだとは限らないので、むしろ衛生的なのではないでしょうか?

また、ゆで卵やソーセージの専用の切る道具などは百均で売っていたりするから、そういったものを利用するととても楽です。

食材の下ごしらえは自分でやらなくてもいい

オイシックスというサービスを使えば、食材は切られた状態、洗われた状態で届きます。

また、スーパーには最近刻まれたキャベツ、スライスされたカボチャなど、色んなものが売っているので、少し高くても、自炊を続けるために活用すると便利です。
【冷凍】 業務用 洋風 野菜 ミックス 1kg ニチレイ 冷凍野菜 野菜ミックス

切ったままだと、痛みがはやく、栄養価も失われるのが早いなど気になる点は多いかもしれませんが、下ごしらえにかかる時間は毎日積み重なるとバカになりません。自炊そのものがめんどうになってしまうよりは、健康に良いのではないでしょうか?

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


マスターの教え


マスターの教えという本を知っているでしょうか?

この本は、

「カリフォルニア出版という名の出版社から1929年に出版されましたが、この出版社はすでになく、著者についても何の情報も発見されなかった」本です。

この本には、主人公とその友人、その友人を導き、その後に主人公をも導くマスターというふしぎなちからをもった人物が登場します。人生において、願望を達成するための方法について書かれています。

この本は、まるでえほんのように、簡単に読めますが、何度読んでも、完全に理解することができません。

読み返すとかならず、初めて読んだ本であるかのような印象をうけます。

また、ふしぎな、ふつうではない力によって、主人公が導かれます。童話やファンタジーのような気もしてきますが、魔法のように非現実的なものは登場しません。

1929年に出版された本ですが、使い古されたストーリーではなく、もっと普遍的なものがたりを読んでいるかのような感覚になります。

心のあり方の説明があり、心理学の知識を持った人が書いているような気もしますが、もっと抽象的です。

とてもうすい文庫本なので、1度読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


ダイソンセラミックファンヒーターの使い心地


ダイソンセラミックファンヒーターAM05(DYSON のhot +cool AM05)を

購入しました。

 

 

オススメできるポイントを3つまとめてみました。

①ホコリを気にせずにすむ

ダイソンのセラミックファンヒーターならば、ホコリを気にするストレスから解放され、お掃除にかける時間が大幅に短縮されます。

今までの扇風機だと、羽や周りの網にホコリがついてしまい、なかなかとれないのが気になっていました。さらにそのホコリだらけの扇風機をそのまま使い続けることによって部屋中にホコリが撒き散らされているのではないかなという心配をしていました。

ですが、扇風機の網を取り外して、羽を1枚1枚拭くのはそれはそれで面倒だから、忙しいとめったにやらないし、やっても時間がかかります。

なので、小さいお子さんがいて、毎日忙しくてホコリが気になるけど掃除できない人や、ハウスダストに対するアレルギーを持っている人で、人一倍ホコリを気にしていて、毎日ストレスを感じている人にはオススメできます。

羽がないこの扇風機だと、以前の扇風機のように分解する必要もないし、拭くだけなので、何かのついでに、ささっと掃除することができます。

ダイソンの扇風機は他の扇風機に比べると値段が高いですが、買った後のメンテナンスにかけなくてはならない時間を考えると、大事に長く使うことができれば、いい買い物だったかと思います。

②冬も使えて、10段階で風量を調整できる

値段が高いので、購入前には機能が充分かどうかが気になるかと思います。

まず、名前に「hot +cool」とあるように、冬も使うことができます。

まだ、真冬に使っていないので、充分かどうかはなんとも言えませんが、お風呂場程度の広さならば使えるのではないかなと思っています。

また、こちらの扇風機はリモコンでも、本体についているボタンでも、10段階で風の強さを変えることができます。気になる音は1番小さなレベルにすると、寝入りばなでもまったく気にならないレベルでした。

夜寝ている時などにふと寒いなと思った時など、リモコンがあると簡単に風量を調整できて、またすぐに眠ることができるので、とても便利です。

羽がないという変わった、見慣れない形をしているので最大風力が足りるのか心配していましたが、充分涼しかったです。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


何歳で実家を出るべきか?


ひとは何歳で家を出るべきでしょうか?

海辺のカフカのなかではカフカは15歳で家を出て、その年齢から早すぎても遅すぎてもダメだと言っています。

海辺のカフカを読んで、この小説を好きだなと思った人の中には、うらやましいとおもった人がいるかもしれませんが、15歳というのは、家出したくてもなかなかできない年齢だと思います。

この小説のカフカの場合、父親から「呪い」のような言葉をかけ続けられていて、その「呪い」を実現させないために、家出をします。

現実世界でも肉体的・精神的虐待をそのように受けていれば、15歳と言わず、もっと早くに家を出るべき人もいるかもしれません。

ですが、そうでない場合はどうなのでしょうか?

例えば、全寮制の高校などに入学すれば、早くて、16歳で実家を出る人もいるかもしれませんが、それでもかなり早い方だと、言われるのではないでしょうか?

一方、大学に入学するのと同時にひとり暮らしを始めるのは、そんなに珍しいことでは、なくなってきます。大体、19〜20歳くらいでしょうか。

ではいつになると遅すぎるでしょうか?

30歳くらいだと、「そろそろ家を出なくては」と自分自身でも思いはじめるかもしれません。

自分の経験になりますが、大学に入学するのと同時にひとり暮らしを始め、経済的には自立は出来ていませんでした。

ですが、それでも、ひとりになることで、精神的に孤立することが、影響を及ぼしました。

ひとりになることのメリットは、すべて自分でやらなくてはいけないという意識に変わることだと感じました。

協力しあった方が、はかどることもあるけれど、「解決するかどうかは、結局はすべて自分次第だ。」という感覚を一度ひとり暮らしのときに得たのは、今も生かされているようにおもいます。

たとえ、ひとり暮らしで経済的に親から自立できていなくても、その後誰かと暮らすことになるにせよ、とにかく人生の十代、二十代で一旦ひとりになることは、得るものが大きいとおもいます。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


なぜひとはもめるのか?


ひとが集まると必ずいさかいや、意見の不一致がうまれます。

ひとは自分でこうだと思ったことを、

自分が絶対に正しいと思うことなかなか捨てることができません。

例えば、意見をかえるというのは、今までやってきたことをすべて否定しなくてはならないからでしょうか?

自分のやり方よりももっと早く解決する方法があれば、それを知らなかった自分は割りに合わないことをしていたと認めることになってしまいます。

さらに、ひとには、コストをかけてきたものを、本来よりも価値があるとみなしてしまう性質があるそうです。それはコンコルドエフェクト、埋没費用効果などともいわれています。

しかし、本当に合理的、最も得するやり方を将来選ぶためには、今までにかけたコスト=埋没費用(サンクコスト)を気にしてはほんとうはダメで、機会損失=新しいやり方を試さなかったことによる損失、を常に気にし続けて、変化し続けなくてはなりません。

しかし、新しいやり方を習得するにはもちろん時間をかけなくてはならないし、恐怖、抵抗を全く持たずにいるのはとても難しいことです。結果が分かっている、ある程度予想できた方がひとは安心できます。

また、ひとは、本当に価値があると分かっていても、それを手に入れるのが困難だと思うと、無理やり価値がないのだと思い込むようにプログラムされているようです。それはフロイトも防衛機制という名前でよんでいたし、イソップ童話では酸っぱいブドウという話として残されています。

そういった性質をもっているためか、ひとは自分の意見ややり方に固執するし、なかなか他人の意見がすぐれていてもみとめたがらず、自分のまちがいをみとめたがりません。

こういった生まれつきの性質を綺麗さっぱりなくすことは難しいかもしれません。

そんな自分たちの不合理な性質を受け入れた上で、他人の意見を否定してしまいそうになったとき、いちど立ち止まって自分がどこかで、合理的でないことを言っていないか確認し続けなくてはいけないのかもしれません。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


一風変わった京都のお土産 能面をかたどった干菓子


 

京都の長久堂の「花面(はなおもて)」という、和三盆を使った干菓子。

このお菓子は、能面と、福の神、嘯吹などの狂言面の幽玄の美を再現するため、能面師の手による木型を用いてつくられているそうです。

 

 

翁  大豆 ベージュ
乙羽御前   空豆 ピンク
小面   和三盆 白
福の神   抹茶 みどり
嘯吹(うそふき)   玄米 茶色

img_1816

 

img_1824

 

 

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


心理学用語リスト


サ行

サイコパシー

良心が異常に欠如している・他者に冷淡で共感しない慢性的に平然と嘘をつく・行動に対する責任が全く取れない・罪悪感が皆無・自尊心が過大で自己中心的・口が達者で表面は魅力的

タ行

ダークトライアド

ナルシシズム(自己の容貌や肉体に異常なまでの愛着を感じたり、自分自身を性的な対象とみなす状態)、精神病質=サイコパシー(極端な冷酷さを持つ、未慈悲、エゴイズム、感情の欠如、結果至上主義)、マキャヴェリズム(目的のためなら手段を選ばない)といった性格の特徴を持つグループ

ナ行

ナルシシズム

自己の容貌や肉体に異常なまでの愛着を感じたり、自分自身を性的な対象とみなす状態

ハ行

バーンアウト

パーソナルスペース

他人が近づいて違和感を覚える距離のこと。親しければ親しいほど狭くなり、個人差・性差が大きい。

マ行

マキャベリズム

目的のためには手段を選ばない、目的は手段を正当化する

ユリイカ効果

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly