哺乳瓶の電子レンジ消毒をオススメする理由


哺乳瓶の消毒は、主に

➀ 熱湯をかける

➁ 薬剤に浸す

➂ 電子レンジで蒸気をだす

の3つの方法があります。

この中でも➂の電子レンジでの消毒がおすすめです。

➀はお湯を沸かす時間と、ガス代、水道代がかかります。

➁は消毒する薬液代と、薬液に浸す時間(約30分)がかかります。

哺乳瓶の消毒は、生後3カ月ほどで良いと言われていますが、夏場などは、スポンジを清潔に保つことも難しいので、消毒したい方も多いのではないでしょうか。



そうなりますと、約2年間は続きます。

➀➁のランニングコストもバカにはなりません。

また、子育て中は一分一秒が惜しいので、一番時間のかからない➂がおすすめです。

また、こちらの商品は、搾乳機も同時に消毒でき、そのまま保存容器としても使えるので便利です。

私は、2つ購入しました。

夜間や疲れていて、消毒が後回しになったとき、授乳中で哺乳瓶使用中でも他の人に消毒してもらうときなどにこの容器が2つあることのありがたみを強く感じました。

また、同居人がいる場合、夜洗い物をすると、起こしてしまうこともあるので、哺乳瓶は最低3本以上、容器2つ以上あると、助かります。

ぜひ、生まれてすぐにこちらの容器を最低2つ揃えることをおすすめします。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする