赤ちゃんが産まれる前のオムツの買いだめをやめた方がいい理由


オムツやミルクなどはたくさん買うと割引や送料無料になったりするので、ついたくさん買いたくなるかと思います。

ですが、あまりオススメできない理由があります。

1つ目はうまれてくる赤ちゃんの体重がどのくらいかわからないからです。最近の超音波検査は画像もよく見えて優れていますが、赤ちゃんの大きさに関しては誤差が出ることもあります。

特に、切迫早産気味の時は、大きさに誤差が大きく出るそうです。

一般的な赤ちゃんが生まれる大きさには2500g〜4500gまでと2キロくらいのばらつきがあるので、オムツも新生児用からSサイズにどのくらいの期間で変えればいいか、予測を立てづらいところがあります。

2つ目の理由は、新生児期の赤ちゃんは特に体重増加が急激なため、ものの1ヶ月で、1kg以上体重増加することもあるためです。

我が家は、もともと4キロ前後の赤ちゃんだったので、1ヶ月もたたないうちに新生児用のオムツがきつくなってしまったため、新生児用のオムツは2パックしか使いませんでした。



3つ目はオムツかぶれがひどい場合、買い置きしたオムツを使えないことがあるためです。

我が家は特にオムツかぶれはなかったですが、私自身が赤ちゃんの時は、ブランドによってかぶれてしまうことがあり、まるまる一袋無駄にしてしまったそうです。

いろんなブランドのオムツを少しずつ詰め合わせたものなどもAmazonや楽天でも販売されているようなので、大量にオムツを買う前にこういったセットを購入しても良いと思います。

ただし、オムツは1日に10枚近くとりかえることもあるので、出産前に1パックは買っておくと安心です。

個人的にはメリーズが肌触りがとても良かったので、メリーズを最初に買っておくのもいいかなと思いました。

その後、お試しで他のブランドを試してみて、買い足すといいかなと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする