結婚と出産は女の幸せなのか


結婚すること、出産することが、女の幸せということばが好きではありませんでした。

また、結婚してから、あたりまえのように仕事はパートタイムでもいいじゃないかと言われたり、子供が1人できたばかりなのに2人目の話を何も事情を知らない他人にされたりすると違和感を覚えました。

正直なところ、2人産んでいたら、職場や家族に恵まれなければ、仕事は適当になると思いますし、他人にとやかく言われたくないなと思いました。

2人産んでもきちんと仕事している人もいるのかもしれないですが、わたしには難しいなと思いました。



ですが、もっとも大変な時期の1つだと言われている新生児の育児をいくらか余裕を持ってできているのは、家族が全面的にサポートしてくれているからだなと感じています。

正直、ひと昔前の男の人のように育児を全面的に任せられたら、耐えられなかったと思います。

結婚・出産はたしかに女の人にとって幸せを感じさせる可能性はあるけれど、それは自分にとってぴったりのパートナーとめぐりあい、理解してもらえたときに初めて得られるものだと思いました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする