子供を持てばやがて苦痛も失せるのか


椎名林檎の意識という曲の歌詞に

幾つになれば寂しさや恐怖は消え得る

子供を持てばやがて苦痛も失せるのか

という表現があります。

私はこの一節が、ずっと頭に引っかかっていて、最近子供を産んだことでふと思い出しました。

たしかに今までの人生を振り返ると、何かを成し遂げたという実感を得るため、奔走し続けていたものの、どうしても恐怖や苦痛を克服できずにいたようにおもいます。

今回、子供を産んだことによって、そこからすこし離れることができたように思います。

やっとやりきったという気持ちになれた気がします。



今までの人生やりきったという気持ちにはほとんどなれずにいたので、個人的に大きな変化でした。

受験や就職、結婚した時もまだまだ言い表せない不安に苛まれていました。

女の幸せは、結婚、出産だということばが好きではなかったですが、今ではすこし納得しています。

体のつくり、精神のつくりから女の人は大きな幸せを出産によって得るようにできているのかもしれないと思わされるような変化を妊娠・出産を経て感じました。

もちろん仕事やほかの自己表現をあきらめるつもりもないのですが、子供を持ったことは私にとって幸福感と達成感を味わうすばらしい経験だったなと思いました。

今後大変なこともたくさんあるかもしれませんが、出産した日の幸せな気持ちを忘れずにいたいと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする