妊娠中の水分補給には麦茶がおすすめ


妊娠中は、そうでない時よりも水分がより多く必要になります。

妊娠中は、なんと血液量が1.5倍になるそうです。

また羊水などお腹が膨らむにつれ、体内に必要な水分も増えます。

そのため、夏場は特に、そのほかの季節でも意識してより多くの水分を取らないと、脱水症状になってしまいます。

私も妊娠前とおなじように水分補給をしていたところ、水分不足を妊婦健診の際に指摘されてしまいました。

お産をらくにするために、妊娠後期には歩くことやマタニティヨガが推奨されていますが、運動した後の水分補給もとても大事です。

妊婦健診の際の尿検査の結果でわかりますが、水分が足りているか客観的にチェックしてもらったのが助かりました。



妊娠中はさまざまな要因で体調不良になりがちなので、脱水症状が原因なのか、そのほかの要因で気持ちが悪くなっているのか判断できないことがあるからです。

妊娠中は味覚が変化するせいか、水を飲んでいて、妊娠前に飲んでいたときはなんの味もしなかったはずなのに、妙に苦味や臭みを感じたりしました。

ですが、カフェイン入りのお茶を飲むわけにもいかず、ポカリスエットなどは糖分と塩分の取り過ぎになるので、大量には飲めずに困りました。

そんな時、麦茶やルイボスティーを交互に飲むことで水分補給を楽しんで行うことができました。

麦茶は特に値段もおてごろなので、とても助かりました。

ミネラルが豊富なところも妊婦さんにはおすすめだそうです。

今妊娠中に戻るなら、麦茶を常にストックして、たくさん水を飲むように気を付けるべきだったなと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする