私が心理カウンセリングを強くすすめる理由(体験談)


私は、大学受験生の時に半年ほどカウンセリングを受けていたことがあります。

今回は、その時に経験した不思議な感覚について、記録したいとおもいます。

当時、なにかはっきりとうつ症状が出ていた、というわけではなかったのですが、来たる受験という圧力に耐え切れる自信がなくて、もしものために頼れるものを1つでも増やしておこうと思い、1ヶ月に1度ほどカウンセリングに通いはじめました。

その時の私は、カウンセリングというものがどんなものなのかまったくわかっていませんでした。

何かしらの心理テストをやったりして、精神分析したり、いろんなパターンにあてはめるのをカウンセリングだと思っていたくらいです。

私を担当してくれたカウンセラーの先生は、そういったことはまったくやらず、私たちは将来の夢の話、今悩んでいること、家族との関係についてなどただひたすらにとりとめのない話をしました。

今思えば、それがカウンセリングの基本の傾聴とよばれるものだったようです。

私の言葉ではうまく説明できないのですが、村上春樹さんの書いた文章で、まさにこれが私の経験したものだ!という表現があったので、引用します。

この文章は、村上春樹、河合隼雄に会いにいくという本の前書きにあります。

「ねじまき鳥クロニクル」という大変に長い長編小説を書いているところで、物語の深い霧の中にすっぽり入っている状態だった。

自分の物語が自分を含めたまま、どこかに向けて確実に進んで行くのはわかるのだけど、その「どこに」というのがさっぱりつかめない。

あらゆるものが複雑に入り組んでいて、簡単には仕分けできない状態にあった。おまけに現実と物語とがところどころで薄暗く入り乱れていた。

三年くらい片づけをしていない混んだ押入を想像していただければ近いかと思う。

でも、そういうときに河合さんと向かい合っていろんな話をしていると、頭の中のむずむずがほぐれていくような不思議な優しい感覚があった。

「自分の人生が自分を含めたまま、どこかに向けて確実に進んで行くのはわかるのだけど、その「どこに」というのがさっぱりつかめない。」

という悩みを抱えていました。

当時の私は、自分の選択でその後の人生が決まってしまうという恐怖にまとわりつかれていたのだとおもいます。

私は直感と、自分の好きなもので、自分の進路を決めたのですが、家族の強い反対にあったことで、余計な抵抗をしなくてはならず、疲れていました。

そんななかで、ひとりきりで選んだ道を進むには、どうしても、自分の選んだ選択が、今までの人生の延長線上、ストーリーの一部であることをどうにか自分の中で納得するという作業が必要だったようです。

そんなとき、カウンセリングのなかで、私が感じたのは、まさにこの「むずむずがほぐれていくような」感覚と、今までの人生のイベントが、すべてのプロットとしてつながって、ストーリーとして完成されたような感覚でした。

そして、この感覚は本当にある日突然起こり、その日のカウンセリングでは大泣きし、家に帰ってからも泣きました。

ストーリーとして、人生を把握する作業のあとは、自分の選んだ道が必ず正しいはずだという自信を持つことができ、不安が軽減され、勉強に集中することができたようにおもいます。

また、村上春樹さんは河合隼雄さんに対する印象をこう語っています。



河合さんと差し向かいで話をしていて僕がいつも感心するのは、彼が決して自分の考えで相手を動かそうとしないところである。

相手の思考の自発的な動きを邪魔するまいと、細心の注意を払う。

私は、臨床心理学の専門知識はないので、なぜ、話を聞いてもらうことで、こんなに劇的な変化が訪れることがあるのかわかりません。

ですが、「自分の考えで相手を動かそうとしないところである。相手の思考の自発的な動きを邪魔するまいと、細心の注意を払」って話を聴くことは、なかなか素人にはできないことだとおもいます。

劇的な効果を上げるには、その道のプロがかなり意識して作り上げないと成り立たないものなのだとおもいます。

もしもあなたの頭の中が、「三年くらい片づけをしていない混んだ押入」の状態になってしまっているのならば、カウンセリングに行くことを強くオススメします。

日本ではまだ、カウンセリングが浸透していないのかもしれませんが、アメリカではすでに保険適応されていると聞きます。

日本では白い目で見られるかもしれませんが、世界レベルでは大したことないということです。

睡眠薬や精神安定剤を飲むよりは、遠回りかもしれませんが、私は自分の体験からも、人生を変えるほどの劇的な長期的な効果を得られるのではないかとおもっています。

この素晴らしい体験をいろんな人にしてほしいなというのが、私の願いです。

占いで有名なココナラには、占い師以外にも10000人以上のカウンセラーが登録しているようです。

カウンセラーとの相性も大切な要素の一つですので、こういったカウンセラーをじぶんで選べる紹介サービスを利用してみるのはいかがでしょうか?

無料会員登録してカウンセリングを受ける

お名前・電話番号の入力不要。無料会員登録はこちら


また、村上春樹、河合隼雄に会いに行くの中に登場するねじまき鳥クロニクルは3部作で長編ですが、とても面白いので、おすすめです。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする