ストレスをためるとなぜ太ってしまうのか?


[:ja]
ストレスの多い日ほど、ジャンク・フードを食べてしまったり、夜遅くに甘いものをつい食べてしまったりしませんか?
ダメだとわかっていても、なぜ同じあやまちを繰り返してしまうのでしょうか?
実は、きちんとした神経科学的な証拠があるそうです。
私たちの脳の衝動的側面と合理的側面はたがいに影響し合う事から引き起こされることから、起こる現象だと言われています。
研究結果からより一般化すると、
P112
脳内の熟慮的思考を司る部位が占有されているとき、誘惑に負けやすくなる
そうで、
何かで頭がいっぱいになっていると、誘惑に抵抗する認知的余裕がなくなって、誘惑に屈しやすくなる。
という現象が、私たちの脳の中では繰り返されているそうです。
例えば、難しい数列を復唱し続けた人と、ただ歩いていただけのひとでは、前者のほうがフルーツよりチョコケーキを食べる傾向がみられます。

また、この誘惑に抵抗する力が、繰り返し使われるうちに消耗するという現象はロイ・バウマイスターによって「自我消耗」と名付けられています。

これは食べ物に限らず、自制心を必要とするすべてのタスクに当てはまります。
身近な例では、帰りたいという衝動を自制し、おそくまで残業した日は、甘いものを夜中にたべたりといった代替の快楽衝動が引き起こされる。
常に甘いものを食べながら、数式と向き合っていた有名な数学者で、友人の男性研究員に食べ過ぎを注意されても「食べるのをやめたら、数学ができないじゃない」と反論した女性数学者がいたそうです。
強い自制心を必要とするだろう数学と、長時間、真面目に向き合う代償として、とびきり甘いものを食べて、食欲・快楽のリミッターを外さなければならなかったのかもしれません。
もしかすると、日々、強い自制心を必要とするなにか大仕事をやってのけているできる人たちは、自分を甘やかして、ちょっとした目先の誘惑に負けてみるのが、上手なのだと思います。
自分へのご褒美をうまく利用して、デキる人への第一歩を踏み出したいですね。

こちらのエピソードが書かれているのは、以下の本です。ぜひ読んでみてください。

今のあなたは、チョコケーキとフルーツのどちらを選びますか?
[:en]Why do not you eat junk foods or eat sweets late at night as there are many stressful days?

Why do you repeat the same mistake even if you know it is not good?

Actually, it seems that there is neat neuro‐scientific evidence.

It is said that it is a phenomenon that occurs because the impulsive and rational aspects of our brain are caused by influencing each other.

When the part responsible for deliberate thinking in the brain is occupied, it becomes easy to lose the temptation.

So, with something full of heads, there is no cognitive margin to resist temptation and it is easy to yield to temptation.

It seems that the phenomenon that it is repeated in our brain.

For example, with people who have continued to repeat difficult sequences, people who are just walking tend to eat chocolate cake from the former rather than fruit.

In addition, the phenomenon that the power to resist this temptation wears out repeatedly is named “self-exhaustion” by Roy Bau Meister.



This applies not only to food but to all tasks that require self restraint.

In the familiar example, we restrain the urge to return, and on the day when we overtime late until late, alternative pleasure urges such as eating sweet things in the middle of the night are caused.

A famous mathematician who was always facing mathematical expressions while eating sweets, even if a male researcher of a friend told him to eat too much, even a woman mathematician refuted that “If I stop eating, I can not do mathematics” It seems there was.

It might be that we had to remove the limiter of appetite and pleasure, eating the extremely sweet things, as mathematics that would require a strong self-control, as long as we seriously face it.

Perhaps people who need strong self restraint every day, I think that those who are able to do big work somewhat are good at pampering themselves and trying to lose a little immediate temptation.

I want to take the first step towards a deceiver by using my reward well.

The episode written here is the following book. Please read it.

The Honest Truth About Dishonesty: How We Lie to Everyone-Especially Ourselves

[:]

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする