何が本当に欲しいかわからなくなってしまったときにやるべきこと


なぜほしいものがわからなくなってしまうのか?

見栄や、人間関係における欠乏感を埋めるための買い物は、生活を成り立たなくすることもあります。

いわゆる「ゴミ部屋」「ゴミ屋敷」は、真に生きるために必要な「欲」を見失ってしまった人の心をそのまま、表現しているのだろうと思います。

欲することには、責任がともないます。欲するには、勇気も必要です。

そうした「欲する力」を失わされた人々は、何が本当に「欲しい」のか、わからなくなってしまうのです。

これは、私の好きな占い師の石井ゆかりさんの著書にあることばです。

少し前まで、私はやたらとものを買い集めていましたが、結婚し、妊娠することで、寂しさが解消されたようで、今はあまり欲しいものがなくなりました。

ですが、まだまだ、昔買ったもので身の回りが溢れてしまっていて、これから片付けなくてはといつも何かに追われたような気分でいます。

ものを買うという行為や部屋の状態は、自分の欲求が欠けている部分が如実に現れると思っています。

stevepb / Pixabay

もしも、今の自分の部屋を居心地悪いと感じるのならば、その居心地のわるさを生み出している源を探すきっかけとして片付けをしてみるのが良いと思います。

私もまだまだ途中ですが、身の回りのものを整理し始めてから、やっと自分のやりたいことや一緒にいたい人を見極めるのが上手くなってきたように思います。

理想のひとと結婚できたのも、そのおかげかなとおもっています。

特に、30歳を超えると、仕事も忙しく、付き合えるひとも限られてきます。

そんななかで、ある程度いらないものを切り捨てることは、致し方ないことだと思います。

片付けは、そのシミュレーション、予行演習にもなるのかと思います。

いきなり人間相手で取捨選択して、失敗してしまうと、あとあと面倒なことになりますが、片付けはあくまでもの相手です。

それも自分の所有物なので、すべて自己責任です。

これからの人生をよりよく、軽やかに生きるためにも、自分の中で、カンペキと思える状態になるまで、片付けて、自分のフォーカスするべき、責任を負うべき事柄を絞り込むことを30代の目標としたいと思います。

English

Shopping for filling up the attitude and the lack of feeling in human relationships sometimes makes life inevitable.

I think that the so-called “garbage room” “garbage house” expresses the hearts of people who have lost sight of “greed” necessary for true living.

I have responsibility for what I want. To be wanted, courage is also necessary.

People who lose such ‘wanting power’ will not know what they really want.



This is the word in my book written by Yukari Ishii of my favorite fortune teller.

Until a while ago, I was collecting things badly, but as I got married and pregnant, loneliness seemed to have been resolved, and now I do not want much.

However, I am still full of personal belongings that I bought a long time ago, and I feel like I was always chased by something I had to clean up from now.

The act of buying things and the state of the room thinks that the part where my desire is missing appears virtually.

stevepb / Pixabay

If you feel your room as comfortable now, I think it’s better to clean up as an opportunity to find the source that is creating that coziness.

I am still on the way, but since I began to organize things around me, I think that I finally become better at finding out what I want to do and who I want to be with.

I think that I was able to marry an ideal person, thanks to that.

Especially, beyond the age of 30, work is also busy, people who can associate are also limited.

In such circumstances, I think that it is inevitable to truncate what I do not need to some extent.

I think whether tidying up will also be a simulation and a pre-training exercise for that.

If you suddenly choose a human opponent and fail, it will be troublesome later, but tidying is the last person to the last.

Since it is also my possession, it is all self-responsibility.

In order to live a better and lighter life in the future, it is necessary to tidy up until it becomes a state that seems to be a campecki among themselves, to narrow down the subjects to be responsible, to be responsible, to the thirties’ goal I think that I want to do it.

This constellation of Yukari Ishii (all 12 volumes) (2013) ISBN: 4872909879 [Japanese Import]

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする