もっとも残酷なシェイクスピア作品 タイタス・アンドロニカス


English is below.

タイタス・アンドロニカス

今回は、シェイクスピア作品の中でも、もっとも残虐な作品といわれているタイタス・アンドロニカスを紹介したいと思います。

以下あらすじです。

ローマ帝国の武将タイタス・アンドロニカスは、長年のゴート族との戦いに勝利し凱旋する。タイタスによって息子のひとりを生贄にされたゴートの女王タモーラは、新ローマ皇帝の座に就いたサターナイナスに取り入って后となり、アンドロニカス一族への復讐を開始する。

タモーラとその愛人であるムーア人エアロンの策略によって、タイタスの娘ラヴィニアはタモーラの息子達に夫を殺され強姦された上に、口封じのため舌と両手を切り取られる。更にタイタスの二人の息子達は冤罪により逮捕される。

タイタスは自分の片手を切り落とし、皇帝に献上して釈放を願うが、息子達は死刑に処せられ、彼らを救い出そうとした長男ルーシアスはローマ追放を宣告される。

すべてがタモーラ達の仕業であることを知ったタイタスは、ルーシアスに命じゴート軍と結託してローマを攻めさせる一方で、タモーラの息子二人を捕獲し殺す。

ローマとゴートの和平会議の場で、サターナイナスの助言に従って強姦を理由にタイタスはラヴィニアを絞殺し、タモーラには息子達の人肉パイを食べさせた上で刺殺する。

タイタスはサターナイナスに殺され、サターナイナスはルーシアスに殺される。新ローマ皇帝に推挙されたルーシアスは、ゴート軍に捕らえられたエアロンを生き埋めの刑に処する。

タイタスアンドロニカス Wikipedia

あらすじだけ読むと、とにかく残酷なイベントが続くため、最後まで読める気がしませんが、出来事としては残虐としか言いようのないシーンでも必要最小限のことしか書かないためか、最後まで読むことができました。

人間の明るい部分も暗い部分も中立的な立場で、核のみ取り出されているような、そんな印象を受けました。

シェイクスピア作品はそういうところが好きな部分の一つですが、今回読んだタイタス・アンドロニカスもそうでした。

また、登場人物にしても、題名こそ特定の人物で、主人公ははっきりしているものの、すべての登場人物が主役になってもおかしくないほどのフラットな扱い方をしているところも特徴化と思います。

小説とは違い、戯曲だからというのもあるかもしれませんが、演出次第でどの人物にスポットライトを当てるかを選ぶことを可能にする柔軟性を残すためなのかもしれません。

383961 / Pixabay

普段小説ばかり読んでいるので、一人称の文章にばかり頭が慣らされいますが、戯曲を読んでいると、もっと俯瞰的な見方をしなくてはならず、あたまの別の部分が使われているような気分になります。

今まで読んだのは、ハムレット、オセロウ、夏の夜の夢、十二夜、ロミオとジュリエット。

どれも、面白く、文学に馴染みのない私でも楽しむことができました。

私は、シェイクスピアの話は、気取っていそうにおもわれそうだし、浅い解釈しかできていないので、なかなかしづらいところがあります。

けれど、シェイクスピアは昔から、庶民にも楽しまれており、エンターテイメント性が高く、大衆向けな一面もあると思うので、素人らしく「あー面白かった」という素直な感想のままに、これからも読んでいきたいなとおもっています。

月額料金だと月400円年額料金だと1年間3900円で数百冊の書籍・マンガ・雑誌などが読み放題になるAmazon プライム会員向けの新サービスPrime Readingプライムリーディング)」の提供が開始され、読書好きにはますますうれしいサービスとなりました!

おためし入会はこちらからどうぞ↓↓↓

English

This time, I would like to introduce Titus Andronicus, which is said to be the most cruel work among Shakespeare’s works.

It is a synopsis below.

Titan Andronicus, the warrior of the Roman Empire, triumphantly triumph over the long-standing fight with the Goths. Qato Qato Tamora, who was sacrificed by one of his sons by Titus, will take after Saturninas, who took the seat of the new Roman emperor, and begin revenge on the Andronicus clan.

By the strategy of Tamora and his lover Moor Aeron, Titus’ s daughter Ravinia was raped by his husband after Tamora’s sons were raped, and a tongue and both hands were cut off for the mouth to be sealed. In addition, the two Titus’ sons are arrested due to false charges. Titus cut off one’s hand and wishes for releasing it to the emperor, but the sons are sentenced to death and the eldest son Rousius who tried to rescue them is sentenced to Roman expulsion.

Titus, who knows that all are Tamora’s work, orders Rucias and collides with the Goat army to attack Rome, while capturing and killing two Tamora sons.

On the other hand, Airon knows that his father, who gave birth to Tamora, was not himself, but an emperor, and hides himself with a baby before the thing reveals.

At the peace conference of Rome and Goat, Taitas strangles Ravinia for rape according to the advice of Sataninas, and Tamora makes a sarcophagus of the son ‘s meat pie and stabs it. Titus is killed by Sutterainain, Sutanaini is killed by Russius. Lucius, a new Roman emperor, punishes Ayrron captured by the Goat army buried alive.



Titus Andronicus Wikipedia

If you read only the synopsis, you do not feel like you can read until the end, but as with events you write only the minimum necessary even in a scenes which can only be said as cruel, like other Shakespeare works, thanks to that, read to the end I was able to.

Neither a bright part nor a dark part of a human is in a neutral position, it seems that only the nucleus is taken out, I get such an impression.

Shakespeare’s work is one of the things I like about it, but Titus Andronicus did so.

Even if it is a character, even though the title is a specific person, although the main character is clear, every character was playing the flat way which is not strange even if it becomes the leading role.

Unlike a novel, it may be because it is a drama, but it may be to make it possible to choose which person to hit for the spotlight depending on the production.

383961 / Pixabay

As I read only novels, my head is accustomed to only the first person’s sentences, but as I read the play, I have to take a more bird’s-eye view and another part of my head is used I feel like there is.

I read Hamlet, Othello, Summer Night’s Dream, Twelve Nights, Romeo and Juliet.

Everything was interesting and I enjoyed it even though I was not familiar with literature.

I think the story of Shakespeare seems to be feeling unnoticed, and it has only a shallow interpretation, so there are some difficult things to do.

However, since Shakespeare has been enjoyed by ordinary people for a long time, I think that it has high entertainment and one side for masses, so I will read it from now on as if it were amateur like “am interesting” I think that I want it.

Titus Andronicus (Folger Shakespeare Library)

Romeo and Juliet (No Fear Shakespeare)

Twelfth Night or What You Will

William Shakespeare’s Othello

A Midnight Summer Nights Dream

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする