受験勉強に疲れたときは、頭と体の疲れ具合のバランスを考えてみる


[:ja]予備校生時代に、講師の先生の1人にもらったアドバイスで、今も時々思い出すことがあります。

「もし、ねても疲れが取れなかったり、眠れないときは、頭だけ疲れてるのが問題。一駅歩いたり、たまには運動して体も頭と同じくらい疲れることが良質な睡眠とストレス解消に大切。」

というものです。

当時、私は浪人していたので、毎日家と予備校の往復以外はほとんど運動していませんでした。

そういう生活をずっと続けていると、眠っても眠っても疲れが取れず、二度寝したり、休日に余計に眠っても全然疲れが取れなくなってきます。

その結果、日に日にやつれてしまいました。

geralt / Pixabay

起きても気分がすぐれないし、ご飯を食べても美味しく感じることができないし、それ以外のことに対してもなんだか喜びの少ない人間になってくるのです。

結局、私はもともと運動とは全く縁のない人間だったし、当時は運動するくらいだったら、勉強すべき、運動なんて時間の無駄だと思って行動に移しませんでした。

なんとか大学には受かったので、結果的にはまぁよかったのだけど、大学に入ってもう一度、ほとんど忘れていたあの時の先生のアドバイスを思い出すことになりました。



大学に入ると幾らか時間に余裕ができて、運動を始めてみたのです。

そうすると、運動したあとは何よりご飯も美味しいし、よく眠れるし、そんな次の日は頭のパフォーマンスも上がるような感覚がありました。

ただ、普段運動してない人間がスポーツを始めると、疲れすぎたり、スポーツそれ自体が目的になって、勉強の絶対量が減るというのはやっぱりあったと思うので、適度な運動、自分に合った運動習慣を早めに見つけるのが大切だと思いました。

composita / Pixabay

もし自分が高校からやり直すとして、受験に受かるというのを最優先事項にするとしたら、そんなにきつくない運動部に入り、基礎体力と自分の身体能力とちょうどいい運動量の把握、運動の習慣化を達成した状態で、受験を迎えたいなと思います。

運動部所属の人は受験直前の追い上げがすごいといわれたりしますが、やはり、勉強にはモチベーションと集中力以外にも、体力がいるのだと思います。

特に、社会人になってからは、体力=仕事量=収入のようなところもあるなと、しみじみ思っています。

若い時から、運動習慣をつけて、自分の精神と肉体のベストバランスを知ることが何より大切なのだなと、思います。

 [:en]予備校生時代に、講師の先生の1人にもらったアドバイスで、今も時々思い出すことがあります。

「もし、ねても疲れが取れなかったり、眠れないときは、頭だけ疲れてるのが問題。一駅歩いたり、たまには運動して体も頭と同じくらい疲れることが良質な睡眠とストレス解消に大切。」
というものです。
当時、私は浪人していたので、毎日家と予備校の往復以外はほとんど運動していませんでした。
そういう生活をずっと続けていると、眠っても眠っても疲れが取れず、二度寝したり、休日に余計に眠っても全然疲れが取れなくなってきます。
その結果、日に日にやつれてしまいました。
起きても気分がすぐれないし、ご飯を食べても美味しく感じることができないし、それ以外のことに対してもなんだか喜びの少ない人間になってくるのです。
結局、私はもともと運動とは全く縁のない人間だったし、当時は運動するくらいだったら、勉強すべき、運動なんて時間の無駄だと思って行動に移しませんでした。
なんとか大学には受かったので、結果的にはまぁよかったのだけど、大学に入ってもう一度、ほとんど忘れていたあの時の先生のアドバイスを思い出すことになりました。
大学に入ると幾らか時間に余裕ができて、運動を始めてみたのです。
そうすると、運動したあとは何よりご飯も美味しいし、よく眠れるし、そんな次の日は頭のパフォーマンスも上がるような感覚がありました。
ただ、普段運動してない人間がスポーツを始めると、疲れすぎたり、スポーツそれ自体が目的になって、勉強の絶対量が減るというのはやっぱりあったと思うので、適度な運動、自分に合った運動習慣を早めに見つけるのが大切だと思いました。
もし自分が高校からやり直すとして、受験に受かるというのを最優先事項にするとしたら、そんなにきつくない運動部に入り、基礎体力と自分の身体能力とちょうどいい運動量の把握、運動の習慣化を達成した状態で、受験を迎えたいなと思います。
運動部所属の人は受験直前の追い上げがすごいといわれたりしますが、やはり、勉強にはモチベーションと集中力以外にも、体力がいるのだと思います。
特に、社会人になってからは、体力=仕事量=収入のようなところもあるなと、しみじみ思っています。
若い時から、運動習慣をつけて、自分の精神と肉体のベストバランスを知ることが何より大切なのだなと、思います。

 [:]


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする