料理を時短するための3つのアイディア


食材は包丁で切らなくてもいい

例えばネギ、ほうれん草などは包丁ではなく、キッチンバサミで切ってしまいます。

プロの料理人も、家庭では使っているテクニックだそうです。

下村工業 エクセルキッチンバサミ KB-301
そうすれば、まな板を洗う必要もないし、かえってまな板にこびりついた野菜の破片やエキスがムダになりません。

まな板もキレイだとは限らないので、むしろ衛生的なのではないでしょうか?

また、ゆで卵やソーセージの専用の切る道具などは百均で売っていたりするから、そういったものを利用するととても楽です。



食材の下ごしらえは自分でやらなくてもいい

オイシックスというサービスを使えば、食材は切られた状態、洗われた状態で届きます。

また、スーパーには最近刻まれたキャベツ、スライスされたカボチャなど、色んなものが売っているので、少し高くても、自炊を続けるために活用すると便利です。
【冷凍】 業務用 洋風 野菜 ミックス 1kg ニチレイ 冷凍野菜 野菜ミックス

切ったままだと、痛みがはやく、栄養価も失われるのが早いなど気になる点は多いかもしれませんが、下ごしらえにかかる時間は毎日積み重なるとバカになりません。自炊そのものがめんどうになってしまうよりは、健康に良いのではないでしょうか?

週末にまとめて下ごしらえする


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする