【ネタバレ】ダン・ブラウン インフェルノの映画版と小説を両方見た感想


[:ja]先日、インフェルノを小説で読んでから、映画を見に行ってきました。

原作と映画、全然違っていて、少し驚きました。

小説と映画で違ってたところは

エリザベスが不妊であったという設定がないところ

シエナがストレスからくる脱毛症という設定がないところ

などなど、一見強く生きている女性の弱い一面を表すものが、ばっさりカットされており、映画の設定は人物描写が単純でした。

一番違っていたのは原作では最後、ウィルスが世界中に広がってしまったが、映画では感染を防ぐことができたというところでした。

ウィルスが映画ではただの伝染病だったけど、原作では人間をランダムに不妊にするウィルスベクターという設定が一番大きな変更でした。

たしかに映画で、最後ウィルスに全世界の人間が感染してしまったら、後味も悪いし、続編を作るときにも問題のある設定だったのかなとは思いますし、なかなか説明が面倒だなとは思いました。

けれど、原作では、エリザベスが過去の治療の影響で不妊であるという設定や、今の人口過剰で地球環境が破壊されていることがゾブリストが行動を起こすきっかけになったこと、シエナがの髪の毛が抜けてしまったのが暴行未遂のPTSDからくるストレスが原因だったことなど、いろんな細かな設定とウィルスの存在理由と絡んでいるところが、深みがある要因だった気がするので、ちょっと残念でした。

ただ、設定を簡単にした分、スピード感やアクション、登場する芸術作品を楽しむ余裕などが生まれたので、映画は映画ならではの良さがありました。

原作をよんでから、映画を見ると、つい最初は間違い探しのような気持ちになってしまうので、もう一度時間が経ってから見ようかなと思います。

どちらにもそれぞれ良さがあったので、ぜひ両方見てみてほしいです。

[amazonjs asin=”B01C272N94″ locale=”JP” title=”インフェルノ(角川文庫 上中下合本版)”]



[:en]先日、インフェルノを小説で読んでから、映画を見に行ってきました。

原作と映画、全然違っていて、少し驚きました。

小説と映画で違ってたところは

まず、ヴァエンサがラングドンを本当に殺そうとするところです。

2人の間には信頼関係が生まれていたと思ったのですが、映画ではそういった設定はなかったようです。

エリザベスが不妊であったという設定がないところ

シエナがストレスからくる脱毛症という設定がないところ

などなど、一見強く生きている女性の弱い一面を表すものが、ばっさりカットされており、映画の設定は人物描写が単純でした。

一番違っていたのは原作では最後、ウィルスが世界中に広がってしまったが、映画では感染を防ぐことができたというところでした。

ウィルスが映画ではただの伝染病だったけど、原作では人間をランダムに不妊にするウィルスベクターという設定が一番大きな変更でした。

たしかに映画で、最後ウィルスに全世界の人間が感染してしまったら、後味も悪いし、続編を作るときにも問題のある設定だったのかなとは思いますし、なかなか説明が面倒だなとは思いました。

けれど、原作では、エリザベスが過去の治療の影響で不妊であるという設定や、今の人口過剰で地球環境が破壊されていることがゾブリストが行動を起こすきっかけになったこと、シエナがの髪の毛が抜けてしまったのが暴行未遂のPTSDからくるストレスが原因だったことなど、いろんな細かな設定とウィルスの存在理由と絡んでいるところが、深みがある要因だった気がするので、ちょっと残念でした。

ただ、設定を簡単にした分、スピード感やアクション、登場する芸術作品を楽しむ余裕などが生まれたので、映画は映画ならではの良さがありました。

原作をよんでから、映画を見ると、つい最初は間違い探しのような気持ちになってしまうので、もう一度時間が経ってから見ようかなと思います。

どちらにもそれぞれ良さがあったので、ぜひ両方見てみてほしいです。

[amazonjs asin=”B01C272N94″ locale=”JP” title=”インフェルノ(角川文庫 上中下合本版)”][:]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする