才能を伸ばすシンプルな方法


今回は、才能を伸ばすシンプルな方法という本を紹介したいと思います。

著者は雑誌の取材で世界各地の才能開発所を訪問した経験があり、その経験を生かして、この本は才能開発に関する科学について書かれています。

具体的には、才能は遺伝よりもむしろ行動によって培われるという考えを持つアンダース・エリクソン、ダグラス・フィールズ、ロバート・ビョーク博士らの考えを紹介しています。

著者がこの本を書こうと思い立ったきっかけは、スパルタク テニスクラブでの視察だったそうで、このクラブて行われていることを、持ち帰り、身の回りで実践してみると劇的な効果が現れたそうです。

それは、

  • 新しい動きを大げさに表現する
  • 練習スペースを縮小する
  • 仮眠をとる

などでした。

そのような秘訣を著者は世界各地の才能開発に関する施設で拾い集め、いつしかかなりの量に達したので、科学的根拠とともに一冊の本にまとめたものがこちらの才能を伸ばすシンプルな方法です。

この本は3つの章にわかれていて

  1. モチベーションに火をつけ、スキルの青写真を描く
  2. 最小の時間で最大の上達を目指す
  3. 長期的成功を収めるための習慣を確立する方法の紹介

という構成になっています。

今回は1章の前半についてまとめました。

なりたい人をじっと見つめる

どの才能開発所でも、学習者に膨大な時間を費やして、その道の超一流のエキスパートを観察するように促すそうです。

まず、学習者に必要なのは、なりたい人を毎日観察し、そのイメージを脳裏に焼き付けること、自分もそうなれると思い込むことだからです。

憧れの人と接点を持つだけでもモチベーションはかなり上がるし、ある国で1人のプロが生まれると、優れた選手が後に続いて多く生まれるということはよく聞く話です。

憧れの選手の写真や動画を見るだけで、意識はかなり変わります。

達人のスキルを脳内で疑似体験する

次に、達人のスキルをできるだけ再現できるようにパターンを繰り返します。

例えば、肉体的スキルを伸ばしたければ、動きとリズムを意識して、相手の体の中に入り込んだ様子をイメージします。

知的なスキルの場合、チェスだったら、名勝負を一手ごとに心の中で再現し、講演家は名演説をそのままの抑揚で何度も繰り返します。

ピカソが

優れた芸術家は借りる。偉大な芸術家は盗む。

と言ったように、達人のスキルを何度も再現して盗む、つまり自分のものにしてしまうことがこの段階で重要になってきます。

そして、やりっぱなしにするのではなく、今日の結果、明日の課題、翌週の目標をメモして、自分の状況、やったことを把握することが大切だそうです。

背伸びする

世の中はミスを悪いと決めつけるし、私たち自身もミスすることを恐れてしまい、行動できなくなることがあります。

けれど、自分の能力の向上を一番に考えると、ミスというのはすごく意味のある事だといえます。

なぜなら、自分の能力の限界付近のことをしたということの証明になるし、そこから得られる情報はこれから軌道修正するためにすごく大切な情報になるからです。

この『背伸び』をすることが脳にあたらしい神経回路を作り出す唯一の方法だと著者は言っています。

生産的なミスをするためには、普通では奇妙で異様な行動を率先してやってみることが推奨されています。

例えば、メドウマウント音楽学校の生徒は、通行人がどの曲を聴いているのかわからないほどの超スローテンポで演奏することにより、通常のスピードの演奏では見つけることのできない細かなミスを発見するそうです。

いつもの練習にこだわるのはやめ、ミスを恐れず、積極的に自分の限界に挑戦することが大切だそうです。

豪華な環境よりも質素な環境を

私たちはとかく豪華な道具さえあれば、もっとうまくなれるのにと考えがちだし、世の中にはそういった人たちのためにバラエティーに富んだ商品が用意され、つねにそういった商品を売りつけようとする企業の挑発にさらされています。

でも素人が用途に応じた包丁を10本用意したとしても、1本の包丁を持った職人に料理の腕では勝てません。

また、豪華さは、『これさえあればもう大丈夫』『やっと成功したのだから、そんなに頑張らなくてもいいか』などと無意識に人を安心させてしまうという悪影響も持っています。

それに比べて、飾り気のない質素な空間は気持ちを落ち着けて目の前の課題に集中させてくれます。

もし選べるのなら、質素な環境を選ぶのが正解です。

ハードスキルとソフトスキルを習得する

ハードスキルというのはいつもできるだけ正確に行われるべき行為のことです。

例えばテニスのサーブなどがそれに該当します。

一方、ソフトスキルというのは状況に柔軟に対応するためのスキルのことを指す。

例えば、サッカー選手がディフェンスの弱点を見抜いて攻撃に転じる行為などがそれに該当します。

そのため、現在、ソフトスキルとハードスキルのどちらを伸ばしたいのか、見極めることが大切です。

ソフトスキルとハードスキルを区別する一つの基準は、そのスキルが教師に教えられるものかどうかです。

例えばハードスキルを主とするバイオリン奏者やフィギュアスケート選手は常にコーチがついているが、ソフトスキルを求められる経営者や大道芸人はコーチの指導を受けないことが多く、実地で学んでいる人の割合が多くなります。

ハードスキルでは、できるだけ正確に行うことが最も重視されます。

それを達成するには何度も繰り返すことが大事になります。

測定できる要素があるのならば、それを毎回測って、自分の能力の伸び率を記録してみると効果的です。

また、1度に行うのはできるだけ単純であることがいいです。

ソフトスキルを伸ばすためにはできるだけ困難な状況で、いつも自分に試練を与える方法を探している積極果敢で、好奇心旺盛で、実験好きなタイプをめざしましょう。



例えば、ブラジルのサッカーチームではバスケットコートほどの大きさの中で展開がものすごく早い5対5の独特のゲームで選手を鍛えるそうです。

通常の6倍の接触プレーを引き起こすため、即座にパターンを読む能力が養われるそうです。

よいコーチに出会おう

最後は、良いコーチの付け方です。

よいコーチを見極めるときのポイント

・すばらしいコーチと出会うと、畏敬の念が湧き上がり、少し脅されるような感覚になる。

・簡潔で明確なアドバイスを与えてくれる。すぐれたコーチは雑談に時間を費やすようなことはしない。

・基礎を重視してくれる。

だそうです。

もしも、今伸ばしたい才能があるのならば、こちらの本をぜひ手にとって見てください。

いろんなテクニックが盛りだくさんで、必ずなにか自分にあったやり方が見つかるはずです。

English

The author has experience a visit to the talent development offices around the world in an interview in the magazine, this book is also mentioned about the new science of talent development.

Specifically, talent Anders Ericsson, Douglas Fields with the idea that is nurtured by behavior rather than genetic, is introducing the idea of ​​Robert Bjork and colleagues.

How did you Omoita’ trying to write the author of the book, was a visit at the Spartak tennis club.

That has been carried out on this club, take-away, a dramatic effect and try to practice with personal belongings appeared.

that is,

Exaggerated to represent a new movement

To reduce the practice space

Catnap

It was like.

Such a secret author picked up at the facility related to talent development around the world, so unawares reached a significant amount, was summarized in a book along with the scientific basis is the this book.

This book have been divided into three chapters

Set fire to 1 motivation, draw a blueprint of skills

Aim the maximum of progress in 2 minimum of time

3 introduction of how to establish a habit for long-term success

This time I will summarize for the first half of Chapter 1.

Stare at the person you want to be

In any talent development office, spent an enormous amount of time to the learner, it is so encouraging to observe the top-notch expert of the road.

First of all, what is needed in the learner, to observe the person you want to be every day, to burn that image in mind, because thing Komu I think that I also become so.

It pretty motivation alone with the longing of people and contacts go up, and one of the professional in one country is born, it is a story that I often hear is that many born followed by a good player. Just look at the longing of the players of the photos and videos, consciousness vary considerably.

To simulated experience the master of skills in the brain

Then, repeat the pattern to be able to reproduce as much as possible the master of skills.

For example, if you want to extend the physical skills, be aware of the movement and rhythm, to imagine how that has entered into the opponent’s body.

In the case of intellectual skills, it was chess, to reproduce in my mind the name game for each one hand, lecture house repeat many times the name of speech as it intonation.

Picasso is good artists borrow. Great artists steal. And as I said, steal the master skills to reproduce many times, that is, it ends up in your stuff becomes important at this stage.

And, rather than leave ~ unfinished, today’s result, tomorrow’s challenges, a note of the following week of the goal, it is important to understand that your situation, I did it.

Trying to stretch

World is to go and assume a bad mistake, it is often our own also would be afraid to miss.

But, considering the most to improve their capacity, will be a very meaningful because mistakes.

This is because, to become proof that was to be in the vicinity of my ability limit, information obtained from it is because now become very important information in order to course correction.

The only way that this “stretch” is create a new neural circuits in the brain.

To a productive mistake, usually Let’s doing the lead in strange and bizarre behavior.

For example, students of Meadow mount music school is, by playing in the ultra-slow tempo of about do not know whether the passerby is listening to any song, it is unlikely to find a small mistake that can not be found in the performance of normal speed.

Let’s not dwell on usual practice.

A frugal environment than luxurious environment

If we even anyway luxurious tool, It’s often thought that in order to get better, world commodity rich variety are available in order of such people, the provocation of the company to be always Uritsukeyo a such a commodity They are exposed to.

But even a kitchen knife to prepare ten depending on the application can not win in the arm of the dish to craftsman with a single knife.

Luxury is, would not be “even this is alright if”, “because he was finally successful, good or even not so much work hard,” peace of mind for people, such as the unconsciously.

In contrast, no-frills frugal space makes us focus on the front of the challenges of the eyes settle feelings.

If you choose to, you choose the spartan environment.

Hard skills and soft skills

It always thing of as much as possible should be carried out accurately act because hard skills. (For example, tennis serve, etc.)

On the other hand, because the soft skills refers to the skills to respond flexibly to the situation. (For example, such as the act of a soccer player turns to attack insight weaknesses of the defense)

First of all do you want stretched out either of soft skills and hard skills, you Mikiwameyo.

One of the criteria is whether what the skills taught in the teacher. For example, a violin player and figure skater to the hard skills and the Lord is always with the coach, but managers and street performers who sought the soft skills are not under the guidance of coach.
It has become longer than I thought. .

But It was an interesting book personally, I think Let together so many chips was riding.

The most important elements of the hard skills

In the hard skills, it is most important to perform as accurately as possible.

Also it becomes important to repeat many times to achieve it.

If there is measurable elements, measure it every time, you may try to record a growth rate of my ability.

It is good is as simple as possible to carry out at a time.

The most important elements of the soft skills

In as much as possible difficult situations is to extend the soft skills, always their ordeal a aggressively looking for ways to give in, curious, aim your favorite experiment type.

For example, train the players in a unique game of 5 pairs of extremely fast expansion in the size of a basketball court in the Brazilian soccer team 5. In order to cause the usual six times the contact play, immediately read the pattern on the ability it is nourished.

Meet a good coach

Point of time to find out a good coach

• When the encounter with the great coach, up springing is awe, become sensation as a little threatened.

– Concise and gives a clear advice. Good coach is not in things like spend the time to chat.

– Us to focus on the basics.

Simple book to extend the talent

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする