私がシェイクスピア作品を好きな理由


海外文学が苦手で、小説になるとほぼ全く読まないか、読んでもしっくりこないので、読み返すほど好きな作家というのはほとんどいません。
ですが、シェイクスピアだけは、繰り返しよんでいます。
戯曲だからよめるのか、翻訳の良し悪しの問題なのかと思っていたけど、そういうわけでもないようです。

おそらく、シェイクスピアが好きなのは文化の違いを感じないところが違和感を感じず、ストーリーに没頭できる理由なのかとおもっています。



例えば、男らしさとか女らしさの話になったときに、より本能のレベルで描かれているように思うのです。
普遍性が、よくシェイクスピアを賞賛するときに指摘されるようですが、時代も国も違う人たちに感情移入出来る自分を自覚することができました。
シェイクスピア作品を読んでいて、どんな人とも、コミュニケーションに問題があっても、根っこが同じだから、いつか分かり合える可能性があるんじゃないかと、気が休まることもありました。
ただ、やっぱり嫌な奴や困った人間はどの国や時代にもいるのかとも、思いました。
シェイクスピア作品を読んでいるときのしっくり感、登場人物が実在しているような気持ちに繋がってるんだと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする