三大奇書のうちの一つ『虚無への供物』がアンチ・ミステリーと言われるわけとは?


虚無への供物は、夢野久作のドグラマグラ、 小栗虫太郎の黒死舘殺人事件とともに日本の三大奇書に挙げられています。

今回はこちらの本を紹介したいと思います。

推理小説でありながら、推理小説ではない、アンチ・ミステリーと呼ばれるジャンルの代表作ともいわれています。

アンチ・ミステリーとはなんなのか?というと、推理小説にありがちなこと、お約束をひたすら裏切るストーリー展開だといえるかもしれません。

推理小説にはお約束のパターンがたくさんあります。

たとえば、

人が死んだら必ず探偵がその場に居合わせて、問題を解決してくれる…、

探偵は1人である…、

名探偵の推理がはずれることはない…、

一見不可能な犯罪をあっといわせる推理で解決する…、

などなど。

そんなお約束が虚無への供物では、全く通用しないのです。

推理小説を大量に読んできた人は、推理小説に対する思い込みも強い分、この虚無への供物の読者を裏切る展開によりおどろかされるかもしれません。

ですので、そんな推理小説のお約束のパターンに染まり切った大人たち、推理小説に食傷気味の人たちにこそおすすめの作品と言えます。

以下若干ネタバレなので、ぜひ虚無への供物を読んでから、お読みください。

この作品には、とにかく探偵役として立候補する登場人物がたくさんでてきます。

しかも、だれもかれも立候補する割に、推理が雑なのでまったく解決に向かわず・・・

読者は一見、推理小説の文体と体裁を持っているこの本と探偵役に対する信頼・期待を裏切られ続けるという構造になっています。

ものがたりの終盤まで登場人物のほとんどが探偵役に名乗り出て、際限なく探偵が増えていきます。



しかも、皆が推理を披露し続けるのですが、結局だれも犯人を突き止めることはできず、最終的には犯人が自白し始めるという衝撃的ラストを迎えてしまいます。

推理小説であればありえない展開です。

私はアンチ・ミステリーが初めてだったのですが、結局、最後の最後まで、新しい人が推理始めると『やっと、この人が事件を解決するのかな』とつい期待してしまいました。

特に超王道推理小説作家ともいえる江戸川乱歩などを好んで読んでいたことも影響しているかもしれません。

この2人の作品を比較すると、とても分かりやすいです。

江戸川乱歩の孤島の鬼という作品には、ツボの中に入れる技を持った少年が登場し、その少年がツボの中に隠れて、骨董品屋へ潜入し、殺人を犯すというトリックが出てきます。

一見、そんなツボに入ることなんて不可能だと思いますが、江戸川乱歩の描く推理小説に、もしも怪しげなツボがでてきて、殺害現場に出入りしたのがそのツボだけであるのならば、そのツボは必ず、トリックに関係しなくてはならないし、小人が登場するのです。

推理小説のお約束ともいえるかもしれません。

ですが、一方、虚無への供物では、亜利夫という人物が密室トリックで、小人が、浴室内の洗濯機に隠れていたと推理するのですが、その推理は見事に間違っていて、さらっと流されてしまうのです…。

もしも推理小説だったら、一度出した推理はひっこめるべきではないでしょうし、その推理には何かしらのヒントが隠されていると読むのが当たり前になっているので、肩透かしを食らった気持になります。

そんな裏切りが、上下巻延々と続くのです。

そこがアンチ・ミステリーと言われるゆえんと言えます。

ぜひ一度手に取ってみてください。

そして、一度読んだら、次はちょっとしたいたずらとして、推理小説好きのお友達に紹介してみてほしいと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする