三大奇書のうちの一つ『虚無への供物』を読んで


虚無への供物というのは、夢野久作のドグラマグラ、 小栗虫太郎の黒死舘殺人事件とともに日本の三大奇書に挙げられている。

推理小説でありながら、推理小説ではない、アンチ・ミステリーと呼ばれているらしい。

推理小説を大量に読んでる人は、推理小説に対する思い込みも強い分、驚きも多いと思うのでおすすめの本かもしれない。

以下若干ネタバレなので、読んだ人もしくは絶対読まない人だけ読んでもらいたい。

中井英夫さんの本は私はこれで初めて知った。

アンチ・ミステリーと呼ばれている理由として、私が思ったところをあげていきたいと思う。

この作品は、とにかく探偵役として立候補する登場人物が多すぎる。

しかも、だれもかれも立候補する割に、推理が雑なのでまったく解決に向かわないので、読者は推理小説の文体と体裁を持っているこの本と探偵役に対する信頼・期待を裏切られ続けるという構造になっている。

そんなに推理小説を読まない私でも、すっかり推理小説は、探偵役という絶対的存在が必ず事件を解決するのだという思い込みによって騙されてしまった。

ちなみに、結局ものがたりの終盤まで登場人物のほとんどが探偵役を名乗り出て、探偵が増えていき、推理を披露し続け、結局だれも犯人を突き止めることはできず、最終的には犯人が自白し始めるというラスト。

思い込みってホントに怖いなって思ったのは、さんざん出てくる探偵役が信用ならないという展開を目にしていたのに、最後の最後まで、新しい人が推理始めると『この人が事件を解決するのかな』とつい期待してしまった。

推理小説を大量に読んでる人は思い込みも強いから、その分驚きも多いと思うのでおすすめの本かもしれない。

 

 

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です