申年なので”猿の神社”日枝神社にまいってきた


赤坂駅徒歩3分、溜池山王駅徒歩3分という都会のど真ん中にある日枝神社が今年の干支であるサルを祭っている。

面白いのは狛犬の代わりにサルが鎮座していて、しかもそのおさるさんは夫婦だそう。ほかにもお守りとか絵馬も猿が描かれている。特にまさる守りっていう、猿の顔が書いてあるお守りがかわいかった。

日枝神社にいるおさるさんたちは神様の使いとして、神猿(まさる)とよばれ、魔が去る、勝る、優るなどと縁起の良い言葉にかかっているため、ご利益があるそう。

そういったすぐれている、勝つというご利益を知ってか知らずか、立地的な問題なのか、政財界の崇敬者も多いし、オフィス街のサラリーマンが普段はよく訪れて仕事運・出世運アップのため祈願しているらしい。

ただ、アクセスしやすいほうの門は裏門らしく、運気アップのためにはちょっと遠回りしても表門から行ったほうがいいとの情報も・・・

表門は山王男坂というらしい。

ほかにも猿という感じが『えん』とも読めることから、縁とかけて、恋愛・縁結び祈願に女性の参拝者も多いそう。

今年は申年でもあるし、すでにめちゃくちゃ混んでるらしいけど、桜も咲いているらしいし、お散歩がてら参りたい。

たくさんの人が訪れる2016年最高のパワースポットになりそう。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です