部屋が汚いのは自尊心の低さが原因かもしれない ~モノが少ないと快適に働けるを読んで~


モノが少ないと、という表題だが、この本での筆者がいかに厳選したものを大切にしているかが伝わってくる。

今現在使っているおすすめの文房具とかアイテムとかも紹介してあって、ついついほしくなってしまうものもたくさんあった。

ものを捨てられない人たちが抱える不安について

ものを持っている数というのは田舎とか、家の大きさにももちろん依存するとは思うんだけど、やっぱりその人の性格が大きく影響しているような気がする。

極端な例では、強迫性障害の症状の一つに過剰にものを集めてしまったり、捨てられなかったりというため込み症候群というのがあるらしい。こういった症状を突き詰めると将来に対する不安が原因のようだ。
何冊か片づけを達成するための本を読んだけど、やはり病院に通うほどの症状が出ていなくとも、物を捨てられない人というのは将来に対する強い不安を抱えていることが多かったり、自尊心が低い人が多いらしい。

ずいぶん長く、断捨離が流行っているのは、ものを捨てられないという人は日本に本当にたくさんいて、国全体が不安を抱えているせいなのかもしれない。

精神的な問題が部屋に影響を与える場合もあれば、逆に精神的な問題が片づけをすることで改善されることがあるらしい。

どこで読んだか忘れてしまったけれど(すみません)、ほかの国に比べて、日本人のうつは片づけることで治ることが多いらしい。カウンセリングよりも効く人もいるらしい。

実際のところ、一人ひとりがどのくらいのアイテム数のものを持っているのか、減らしたらどのくらい気分が明るくなったかとかそういった研究があったら面白いのになと思う。
厳選したものを大切にすることから生まれる幸福感
この本ではすでに物を少なくすることを達成した著者が、ものが少ないと、持っているもの、残したものへの愛着が分散することがないので幸せそうだというのが文章の端々から伝わってきた。こういったものを生かしているという感覚が大切なのかなと思う。

この本をよんだあとでは、断捨離したあとの生活のビジョンが非常に明確になったので、ものを捨てることはそのあとの生活をよりよくするためのものだから、ものを捨てることに対する罪悪感がなくなったのがすごく良かった。

こんまり先生も言っていたけど、片づけるときのコツは、ものを減らすと思うのではなく、残すものを選んで、残したものを大切にするというのがやはり大切なんだなあと思った。

モノが少ないと快適に働ける―書類の山から解放されるミニマリズム的整理術

 

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です