¥1000~¥3000のカナル型イヤホンの音質レビュー


カナル型イヤホンの良いところは、周りがうるさくとも耳栓ぽい効果があるので小さな音量でも、十分楽しめるので、かえって耳に優しいというところだと思います。

今回は、ちょうど使っていたイヤホンが壊れたので、以前使っていたのと、今回買ったイヤホンの音質を比較してみました。

【1】audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ブラック ATH-CKR3 BK

audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ブラック ATH-CKR3 BK

 

アマゾンのレビューは賛否両論のようですが、低音域がきれいです。
あとは音に張りがあります。
ただし、レビューにもあるように、コードがどこかに引っかかった時のノイズが多いため、デスクで作業中に聞くためには特に問題ないですが、歩いているときなどはノイズがかなり気になります。
冬は特にマフラーなどに引っかかるとちょっとうるさいかなという印象です。
かなりヘビーユーズしていたら1年半くらいで片方から音が聞こえなくなったので、交換しました。私はかなり扱いが荒いほうだと思いますので、耐久性は十分だと思います。イヤホンはたいてい一年未満で壊します。

 

【2】Creativeインナーイヤー型イヤホン EP-630 ブラックモデル EP-630-BK

Creative インナーイヤー型イヤホン EP-630 ブラックモデル EP-630-BK

高音域が若干カサカサしたり、揺らいでいるような・・・?あとは裏声、ドラムの音などで、時たま耳障りの悪さがほかのイヤホンに比べて強調されるかなという印象があります。
ただ、低音域や中音域もバランスよく聞こえるので、値段の割によい買い物だったなという印象です。あとは音に広がりを感じているというか、カナル型イヤホンなのに広い場所で聞いているような(いい意味で)不思議な錯覚があります。
ただし、コードの質感が非常に柔らかい(1と比較しても)ので、耐久性が心配です(耐久性については壊れたらレビューします)。
こちらはコードが引っ掛かった際のノイズは全くありませんでした。

今回の二つは値段と性能を考慮すると、どちらも同じくらい買いかな思いました。気分や状況に応じて使い分けたい感じです。

よいイヤホンを買ってもついどの型番だったか忘れてしまうので、今後も更新していきたいと思います・・・。
今回も壊れたのがどの型番だったか探すのに苦労しました・・・。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です