わたしを離さないでの作者、イシグロカズオ作品のまとめ


わたしを離さないでがドラマ化するということで、過去に読んだ時の感想と、読んでみたいと思っていた、カズオ・イシグロの本をまとめておきたいと思う。ねたばれはしないようにします。

わたしを離さないで』を最初読んだときは、前半めちゃくちゃ退屈で、読むのやめようかなぐらいだったんだけど、その世界の仕組みというか主人公たちの置かれた状況がわかったとたん、前半の穏やかさが恐ろしくなって、もう一度読み返したくなるというのがこの本の一番すぐれているところだと思った。

けどドラマではネタバレが最初にあったそうで、それじゃ仕組みがわかった時のアッというわせる感じが全くでないじゃないか・・・と思ったので、できればドラマなんて見ずに、というか見る前に、多くの人に原作を読んでほしいなあと思う。

あの前半の退屈さ・穏やかさを乗り越えてやっとわかるこの本のすごさのようなものを味わえないのはすごくもったいない気がした。

映画化もされていて、 パイレーツ・オブ・カリビアンとかイミテーションゲームのキーラ・ナイトレイが出演しているみたい。こっちはどういう構成なんだろうか。機会があれば見てみたいな。

イシグロさんは日系イギリス人作家で、1989年に長編小説『日の名残り』でイギリス最高の文学賞ブッカー賞を受賞した。

レクター博士(ハンニバル)を演じたアンソニー・ホプキンスで映画化していたよう。
英米でベストセラーとなったカズオ・イシグロの最新長篇『わたしを離さないで』は、発売後ただちに《タイム》誌のオールタイムベスト 100に選ばれたらしい・・。

ほかにも《ニューヨーク・タイムズ》《パプリッシャーズ・ウィークリ ー》《シアトル・タイムズ》《グローブ・アンド・メール》の主要紙誌においても2005年のベストブックの一冊に選定されたらしい。

イギリス人ということは、やっぱりもともと英語で書いているんだろうから、英語でも挑戦してみたいけど、イシグロさんの英語って難しいんだろうか?

正直そんな有名な人が日本人の作家にいたとは全く知らなかった。

まだ、わたしを離さないでしか読んでないので、わからないけれど、何冊か読んだら、まとめたいと思う。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です