身近な人の中身が別の人格になっているという妄想が止まらないカプグラ症候群とは?


English is below.

カプグラ症候群という、家族・恋人・親友などがなにか別のものに乗っ取られたという妄想が止まらないという病気をしっていますか?

カプグラ症候群はまたの名をソジーの錯覚とも言います。

カプグラ症候群とは、近親者などが瓜二つの偽物と入れ替わったと確信する妄想であり、1923年にCapgras. J. とReboul-Lachoux. J.[1]によって報告された。近年では、カプグラ症候群、フレゴリ症候群、相互変身妄想および自己分身症候群が妄想性人物誤認症候群の亜型としてまとめられている。カプグラ症候群は妄想型統合失調症に多いが、認知症や頭部外傷で見られることもある。

カプグラ症候群 脳科学辞典

家族が宇宙人・悪魔・幽霊などに乗っ取られた!と騒いでいる人たちも、もしかするとこの病気を発症しているのかもしれません・・・。

目立ちたいだけの狂言だとかたづけるのではなく、何かしら脳に障害が出ていれば、治療によりよくなる可能性もあります。

カプグラ症候群に関する映画や海外ドラマもあります。

民間伝承が強く根付いていた19世紀のアイルランド。妻のブリジットがチェンジリングという名の妖精と入れ替わったと思い込んだマイケル・クリアリーは、やがて恐ろしい行動に出ることに…。

こちらは、プライム会員ならば、無料で見ることができます。


月額料金だと月400円
年額料金だと1年間3900円で映画・ドラマが見放題になるAmazon プライム会員向けの新サービスPrime Videoプライムビデオ)」の提供が開始され、映画好きにはますますうれしいサービスとなりました!

ほかにも本が読み放題になる「プライムリーディング」の特典もついてきます。

おためし入会はこちらからどうぞ↓↓↓

カプグラ症候群とは?

カプグラ症候群にはいくつかの亜型が存在し、

相互変身症候群

周囲の身近な人々が相互に変身してしまうという妄想

フレゴリ症候群:
特定の人物が、無害な外観を呈した周囲の人物に変装し、危害を加えてくるという妄想

自己分身症候群:
患者は、自分とそっくり同じの分身がいると確信する妄想

などがあります。

① 症状が逆転(知っている人が知らない人に成り代わる vs 知らない人が知っている人に成り代わる)するところ

② 自己と他者の入れ替わり 他者と他者の入れ替わり

などいくつかのパターンの違いがあるところが非常に不思議なところです。

また、身近な人に対して、より多く妄想が発生するというところから、相手との心的距離に症状が関係しているようでもあります。

私たちの脳の中にある信頼度システムの予想

カプグラ症候群のような疾患があることから、私たちの脳の中には以下のようなシステムが存在するのかなと、つい妄想してしまいます。

① 今まであった人それぞれに対して、情報をためておく「うつわ」のようなものがある。

② その「うつわ」の中にはいろんな情報が入っていて、「信頼度」もそこに含まれる。

③ 私たちはいろんな人とかかわっていく中で、徐々にその人に対する「信頼度」を積み上げ、予想外に裏切られたりしたときは、ちょっと「信頼度」をへらしていったりする。

④ 「信頼度」の積み上げ方は、その人それぞれで、あってすぐにいろんな人と打ち解けられる人は積み上げ方がすごく早く、なかなか人と打ち解けられない人は「信頼度」の積み上げ方がゆっくり。

⑤ 「信頼度」を保存しておく「うつわ」は人それぞれ数が決まっていて、社交的な人はたくさんの「うつわ」を持っているが、そうでないひとの「うつわ」の数は少ない。

⑥ 「うつわ」の数が少なくてもそれぞれの信頼度が高ければ満足できる狭く深い人間関係を求める人もいれば、「うつわ」がたくさんないと安心できない広く浅い人間関係を求める人もいる。

などなど・・・そんなことを考えてしまいます。



なぜカプグラ症候群が起こるのか?

そもそも信用できるかできないかの情報がない人をいきなり信頼するということは、社会生活を行う上で危険になることもあります。

小さい子供はすぐに知らない人について行ったりしてしまいますが、大人になると分別がついてきますので、こういった信頼度をどう判断するかは学習することができるということが予想できます。

ですが、カプグラ症候群を発症した人はこういったシステムが脳の障害(統合失調症・脳の外傷)によって壊れてしまっているのだと思います。

もしかしたら、カプグラ症候群の人たちはそういう機能が誤作動して、

① 今まで良好な付き合いをしてきて、信頼度MAXだったのに、突然何のイベントもないのに、その「信頼度」をガクンと下げてしまう。

② 「信頼度」の積み上げ方のスピード・タイミングが、平均的な人間と比べて著しくおかしい。

③ それぞれの人に分類し、「信頼度」を積み上げていたはずの「うつわ」が知らず知らずのうちにごちゃごちゃに入れ替わってしまっている。

などが引き起こされているのかもしれません。

もちろんそれだけのシステムでは説明できないこともあるかもしれませんが、こういった信頼度の積み上げシステムを想定し、シミュレーションすることで、カプグラ症候群の病態理解につなげたり、AIとの対話をする際にどういった設定にすることで一番「人間らしく」「親しみやすい」ものだと認識できるのか、それは一体どういった計算方法なのかなどの理解につながっていったらおもしろいなと思いました。

カプグラ症候群に関する映画や海外ドラマ

民間伝承が強く根付いていた19世紀のアイルランド。妻のブリジットがチェンジリングという名の妖精と入れ替わったと思い込んだマイケル・クリアリーは、やがて恐ろしい行動に出ることに…。

ロア~奇妙な伝説~は、プライム会員ならば、無料で見ることができます。


月額料金だと月400円
年額料金だと1年間3900円で映画・ドラマが見放題になるAmazon プライム会員向けの新サービスPrime Videoプライムビデオ)」の提供が開始され、映画好きにはますますうれしいサービスとなりました!

ほかにも本が読み放題になる「プライムリーディング」の特典もついてきます。

おためし入会はこちらからどうぞ↓↓↓

English

Called Capgras syndrome, apparently there is a disease called delusion that such family-lover, best friend has been something hijacked by those of another does not stop.

Perhaps, and I wish might have gone out a failure to really something the brain rather than only of Kyogen want to stand out as well, who has become a hot topic to say (even Toka America) family has been hijacked by aliens thought.

There ▼ also film about Capgras syndrome

ブロークン [DVD]

In addition, that Furegori syndrome, seems to people that people do not know to the contrary, I know some of which assume the wind that was in disguise.

These symptoms seems there is something that does not yet clear whether the delusion of the cognitive impairment is.

Is very strange place called symptoms are reversed.

From a place called only delusion occurs particularly for a familiar person, there is also a like symptoms to mental distance with the other party involved.

In we go involved in various people and the long-term, gradually or stacking the “reliability” for that person, when he or betrayed unexpectedly, a little to or go to reduce the “reliability” there.

To begin with the fact that the people of so people and information, such zero can trust suddenly to trust us human is not so much.

Maybe, those that represent the kind of “confidence” is not exist in our head, people of Capgras syndrome is operating such function is false, was a confidence MAX is at some point but, suddenly, the “reliability” is I wonder if going on a phenomenon that will down the Gakun, would think Toka.

Maybe, in the first place it because for the low reliability others can not be reduced reliability more, it might be symptoms that there is a place where difficult to manifest.

I only confidence has fallen and suddenly Gakun, kana because recognition is going properly well for the appearance, reluctantly in order to convince myself, the thing that ends up the claim that has been hijacked by some other life form . If you really and I that such a mental illness, I think you do not and the Do’s not even likely to be overcome their discomfort painful situation really.

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント