60分で読めるけれど一生あなたを離さない本、『アイディアの作り方』


著者は広告代理店の役員を務めていた時に、ある人に『どうやったらあなたのようにアイディアをいくつも作ることができるのか?』と尋ねられ、その結果、この本の核となるアイディアを思いついたそうです。

この世界の全人間は2つの主要なタイプに分類できる。(P.21)

この二つのグループはスペキュラトゥールとランチエと名付けられた。

前者は<投機的>を語源とする。このタイプの人間は新しい組み合わせの可能性に常に夢中になるという顕著な特徴を持っている。

後者はスペキュラトゥールに操作される側の、型にはまった、想像力に乏しい人間たちを指す。

この本にはこのスペキュラトゥールの側に立つための”技術”について書かれています。

”技術”といったのには理由があります。

どんな技術を習得するにも、学ぶべき大切なことはまず第一に原理であり、第二に方法である。(P.25)

と本書には書かれていて、アイディアの作り方についても同じことが言えると著者は主張しています。

アイディアを作るというのは、才能やひらめきに依存して、一部の人間にのみ起こることだと思われがちだとおもいます。

ですが、この本によれば、誰でも身に着ける可能性を持った技術だといえるそうです。

また、アイディアはゼロから生み出されるものではないそうです。

アイディアとは既存の要素の新しい組み合わせに過ぎない。(P.28)

とも著者はいっています。

実際にどうやればいいのか?という疑問にもこの本は答えようとしています。

まず、アイディアを作成する段階は5つに分けられるそうです。(~P.54)

本の中には、いろんな具体例ありますが、手順としては以下の段階を繰り返します。

1.資料を蓄える。

2.資料を咀嚼する。

3.寝かせる。意識の外に追い出す努力をする。

4.アイディアの誕生。

5.現実の有用性に合わせて、具体的な形にまとめる。

1,2が不十分であれば、ひらめきは訪れることはないため、非常に重要なポイントだと言われています。

また、本のテーマとは直接関係ないですが、竹内均先生の解説で個人的にいいなあと思った部分を抜粋してみました。

①好きなことをやり、

②それで食べることができ、



③そのうえそれが他人のためにもいささか役に立った人生

が自己実現の人生であり、理想の人生である。

と書かれていました。

アイディアは率先して生み出し、誰にもマネできない価値を生み出すことで、自己実現できる人生を送れたら幸せになれそうだなと、そんな期待をさせてくれる本でした。

▼ブログ紹介商品

アイデアのつくり方

アイデアの作り方 A Technique for Producing Ideas (ラダーシリーズ Level 5)

▼関連商品

考具 ―考えるための道具、持っていますか?

ブログ購読の登録はこちらから!


 

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする