イーサン・ホーク主演おすすめの2つの映画


[:ja]
デイブレイカー

デイブレイカー Blu-ray

吸血鬼(バンパイア)がテーマの映画。

テーマ自体はありがちだけれど、この映画の設定がほかの吸血鬼映画と違うのは、吸血鬼の人数に比べて、圧倒的に人間の数が少ないという世界であるというところ。

この映画に出てくる吸血鬼は、人間と同じように貧富の差がある世界に暮らしていて、絶滅危惧種の人間の血を自由に飲むことができるのは、ごく一部の富裕層だけ。日光に当たると死んでしまうという設定もそのままであり、バンパイアが非常に弱くて、共感できる身近な存在に感じる用に描かれている。

生きてこそ

生きてこそ ― スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

生存者 (新潮文庫)

実際に1972年に起こった旅客機墜落事故を映画化したもの。これは『アンデスの聖餐』と呼ばれている。

この事件は、雪山に墜落した旅客機に載っていた青年たちが、死体を食料にして生還したという、当時社会問題となった。

イーサン・ホークは生き残った青年たちの中では、気弱な人間だったが、冷静な判断で彼らの生き残りに重要な役割を果たす役どころを演じている。

[:en] 

Daybreakers

The movie by which a vampire (vampire) is a theme.

I’m going to say that a theme is the world which says it itself is common, but that the human number is small overwhelmingly compared with the number of people of the vampire for setting’s of this movie being different from other vampire movies.



Only the wealthy classes by which it’s a small part the vampire who appears in this movie lives in the rich and poor’s partial world like man, and that can drink human blood of endangered species freely. When he hits sunlight, the setting of which he dies is also just as it is, and a vampire is drawn by the business which is very weak and impressed by the close existence with which you can sympathize.

デイブレイカー DVD

Alive

The one which filmed the passenger plane plane crash which has happened in 1972 actually. This is called “the Sacrament in the Andes”.

When I said to the passenger plane which has fallen in a snow-covered mountain that the youths who appeared made the corpse food and reached, this event was social problem.

Ethan and a fork were timid man in the youths who survived, but the assigned duty which plays their role important to survival by a still judgement is being performed.

生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD][:]

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする