大阪のおばちゃんがあめちゃんを食べない理由


[:ja]私は関東育ちなんだけど、西のほうの親戚が結構多くて、その文化の違いに結構驚かされながら、幼少期を過ごした。

なにより、西の人は人に対する働きかけがすごく多くて、黙って静かに座っている人を絶対そのままほおっておかない。

そういう雰囲気に象徴されるのがあめちゃんだと思う。とにかく飴ちゃんをだれかにあげたり交換したりしようとする。

だけど、大阪の飴の消費量って、全国ワースト3位とからしい。

大阪のおばちゃんといえば、バックやポーチに常に飴が入っているイメージだったのでこのランキングは誰にとっても衝撃なんじゃないんだろうか。

つまり、大阪の人は食べずに飴をひたすら人からもらったものを他人に横流ししてるってことらしい。

たしかにそれだけでも十分面白いんだけど、こういうコミュニケーションが文化になっている大阪ってうらやましいなと思った。

関東だと、旅行に行った時にはお土産買ったりするけど、普段お菓子やり取りすると、お返しが気になってしまったりして、逆に迷惑なんじゃないかと気になってしまう。

バレンタインデーのともちょことかが最近人気なのも、こういうちょっとしたプレゼントをあげると人間関係にすごくいい影響があるから、うまく使おうとしている風潮の現れなんじゃないかと思う。

その点、”飴ちゃん”は期間限定でもないから、常にちょっとした会話のつかみになるし、飴をあげるとして決まっていれば、ただ横流しするだけでお金はかからない!(倹約家らしい大阪人らしい?発想かも)

西のあったかい雰囲気が生んだ、すごく便利なコミュニケーションツールだなと感心してしまった。関東にもこういうのできないかなあ。[:en]I’m a Kanto grew up, and quite many relatives of more of the West, while quite surprised in the difference of the culture, spent his childhood.



Above all, the west of the people is a very much lobbying against people, you do not O’ho as it is absolutely a person sitting quietly in silence.

I think being symbolized by the kind of atmosphere that it is rain-chan. Anyway it tries to exchange or raise the candy-chan to someone.

But I, I consumption of Osaka of candy, seems Toka nationwide worst third place.

Speaking of Osaka of the aunt, because it was the image that always contains the candy to the back porch and I wonder if this ranking is not it also a shock for everyone.

In other words, it seems that I have been diverted to others what you got a candy intently from people without eating Osaka of people.

Certainly I just even do enough interesting it, such communication was thought that envious I Osaka that is a culture.

That’s Kanto, I or buy souvenirs when you went on a trip, and usually to exchange sweets, return is or has become a concern, become concerned about whether not it annoying to reverse.

Valentine also Satoshi Toka Choco is the recent popularity of the Day, I think because there is a very good effect on the human relationship and raise this kind of little gift, not it a manifestation of the trend that you are going to use well.

That point, “candy-chan” is because there is no limited time, always to become grasp a little conversation, if determined as raise the candy, just not take money only to illegal sale! (Seems thrifty seems Osaka people? Idea may)

Gave birth to the west of the warm atmosphere, I had been impressed with the very Do it convenient communication tool. You do not be like this for even the Kanto.[:]


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする