夢の世界を描いた2つの映画の感想


私は割合、はっきりした夢を見ることが多いので、結構”夢”をテーマにした映画を見ると手にとってしまう。

私の場合、結構、支離滅裂の夢だけど、ほとんど明晰夢を見たことはなくて、起きるとなんであんな設定をあっさり信じてしまったんだろうとか思うんですが、見ているときはほんとにわからない。

下に挙げた二作(インセプションとパプリカ)はすごくその支離滅裂さがうまく合わさっていて、映像も美しいし、好きな映画。

インセプション (字幕版)

パプリカ (新潮文庫)

 

パプリカ

特にインセプションの睡眠のステージが深くなればなるほど、イメージの崩壊や世界の

法則の乱れが激しくなるのが、実際の夢にもそういう傾向がありそうで面白い設定だなあと思った。

インセプションは記憶を埋め込むために対象の人間の夢に潜るという設定なのだけど、深く潜れば潜るほど戻りづらくなるという設定も、深い睡眠になればなるほど、覚醒するのがつらいというのと少し似ていて、面白かった。

何か気になるものがあるとそれが夢に強調されて出てくるというのは結構多くの人が経験しているのではないかなあと思うけど、パプリカの映像にはそういった主観的な評価みたいなものがすごい反映されていた。(例えば思いを寄せている人がかなり誇張して美しい存在として、夢の世界に登場したりといったこと。)

 

そういう個人的感情が夢には如実に反映されるっていうのはほんと当たり前のようにおこっているんだけど、あらためて考えると不思議な現象だなあと思う。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です