Word Pressとロリポップサーバーでブログを作った時にちょっと大変だったからメモ


Word Pressでブログを書きたいなって思って、有名なとこでは、ロリッポップサーバーが一番安そうだったので、契約してみました。

なんですが、いくつか躓いたところがあったので、それについてまとめました。

 

まず、自分の取得したドメインに /wp を追加しないとアクセスできないという問題が発生しました。さらに取得したドメインをそのまま入力すると”403エラー”というものが発生しました。

これについてはいろいろ試行錯誤したけど全然うまくいかず、しばらく時間たつと自然と /wpがついていないアドレスでアクセスできるようになりました。

いろいろ調べたところ、

ワードプレスでURLをルートディレクトリに移動、「/wp」を消す方法

に詳細な情報が載っていました。

ただ私の場合、これには当てはまらず、これの通りにやったら、WordPressにログインすらできなくなったので、もう一度ロリッポップから簡単インストールしなおしました・・・。

サイトアドレス(URL)から「/wp」を消します。

そもそもこの部分ですでに/wpがなかったし、WordPressアドレスにも/wpはついてなかった。

ロリポップでWAFを使用していると、更新時に403(Forbidden)のエラーが出る

なのでこっちかなと思って、WAFを使わないという設定に変えました。

設定が反映されるまで15分かかるとのことでこちらの対応が時間差で効いたせいかもしれません。今はまたWAFを使う設定に直しているので、様子を見ようと思います。

あとはアフィリエイトをやりたいなって思ったので、そのために最初に導入したプラグインをメモ。

もともとはてなブログに使っていたGoogle Adsenseとアマゾン・楽天アフィリエイトをこちらのブログでも使いたいなと思ったので、

Amazon JSとGoogle AdSenseとWP-Rakuten-Linkを導入しました。

Google AdSenseは、グーグル・アドセンス公式のプラグインです。AdSense広告の掲載位置をHTML編集なしで設定できます。プラグインのページから設定を選ぶと、勝手にサイトを分析して、ポチポチするだけで、自分のアドセンスを常に表示してくれるように設定してくれます。もちろん自分のアドセンスアカウントと連携させる必要はあります。

あと、どうもWAFが有効になっていると、アドセンスの表示する場所を変更できない気がします。

ちょっと大変だったのはAmazon JSです。

WordPressでアマゾン・アソシエイトを簡単設定!Amazon JSプラグイン

がわかりやすかったです。設定した後でエラーが出て、/wp-content/cache/amazonjs というキャッシュディレクトリを作成しておく必要があるのですが、それにはFTPソフトを使う必要があります。その使い方については、以下のリンクがわかりやすかったです。

FTPソフト(ファイルジラ(FileZilla))の使い方と設定方法: 『WordPress ことはじめ』

最後にWP-Rakuten-Linkですが、こちらはプラグインメニューから導入することができなかったので、Zipファイルから導入する必要がありました。

参考にしたのは以下のリンクです。

犬小屋にて

WordPress+楽天アフィリエイトなら知らないと損するプラグイン

これでやっと基本的なことはできるようになったかなって思います。

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です