イーサン・ホーク主演おすすめの2つの映画


デイブレイカー

 

デイブレイカー Blu-ray

吸血鬼(バンパイア)がテーマの映画。

テーマ自体はありがちだけれど、この映画の設定がほかの吸血鬼映画と違うのは、吸血鬼の人数に比べて、圧倒的に人間の数が少ないという世界であるというところ。

この映画に出てくる吸血鬼は、人間と同じように貧富の差がある世界に暮らしていて、絶滅危惧種の人間の血を自由に飲むことができるのは、ごく一部の富裕層だけ。日光に当たると死んでしまうという設定もそのままであり、バンパイアが非常に弱くて、共感できる身近な存在に感じる用に描かれている。

生きてこそ

 

生きてこそ ― スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

生存者 (新潮文庫)

 

実際に1972年に起こった旅客機墜落事故を映画化したもの。これは『アンデスの聖餐』と呼ばれている。

この事件は、雪山に墜落した旅客機に載っていた青年たちが、死体を食料にして生還したという、当時社会問題となった。

イーサン・ホークは生き残った青年たちの中では、気弱な人間だったが、冷静な判断で彼らの生き残りに重要な役割を果たす役どころを演じている。

 

 

 

 

 

ブログの購読の登録はこちらから!

 


 

 

follow us in feedly

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です